2018年8月 5日 (日)

福島 フォーラム ツーリング F800S

今日は 福島県第一原発 廃炉フォーラムに参加するために 楢葉町まで 半分ツーリングで行って来ました。

タイヤを新品に換えたので、皮剥きも兼ねています。
シリカ配合が高いタイヤは 気温が高いときに攻めると みるみる減ると言われたので、
昨今の気温が高い状態なので、コーナーリングでは ブレーキをゆっくり掛け、
コーナーリングもアクセルを開けないようにして、タイヤを労りました。
前回、暑い時にグリップが良いので、調子に乗って 4000km持たなかったので、
慎重に走りました。
お陰で、減りは前回に比べると少ないように感じます。
暑い時は調子に乗らないように要注意ですね。

でも、F800Sは久しぶりなので 軽く感じ、動きが良さ過ぎて緊張しました。
本当に 400ccくらいの動きに感じます。
最近 R1150RR満載の慎重ライディングばかりでしたので、乗り方を忘れていました。
まあ、暑いし 慎重に飛ばさないように乗るのが良いかも知れません。


前回ツーリングで報告した、茨城 広域農道 グリーンふるさとラインの十国トンネル工事現場を見て来ました。
R349側のゲートに 7月31日まで 舗装工事中の看板がありましたが、開通はまだのようです。

Img_6638


マツケンさんに教えて貰った太田県立自然公園を廻ってK33側のゲートを見て来ましたが、
こちらは舗装工事も終わって 綺麗な状態でしたが、ゲートが固く閉まっていました。

Img_6639


9月頃には開通しそうな感じです。

太田県立公園の廻り道は 県立公園の駐車場がある峠付近が 道が狭く、舗装も荒れていますが、
そこ以外は 割と走りやすい道でした。

20180806_232247

<大きな地図>

走行距離:行き 222.3km、 帰り 216.2km、 合計 438.5km
走行時間:行き 3:11、 帰り 3:17、 合計 6:28
全体燃費: 19.8km/L

給油
1回目 81.2km、 6.10L、 ¥958、 13.3km/L(多分、前回の給油が満タンじゃなかったと思う)
2回目 249.4km、 10.96L、 ¥、 22.8km/L
3回目 156.2km、 7.50L、 ¥1185、 20.8km/L


全体のルート

20180806_214741


標高

20180806_214811



行き ルート1 自宅〜芳賀町 GS <34.4km、 0:35、 給油 4分>

20180806_222020

<大きな地図>

行き ルート2 芳賀町 GS〜いわき勿来IC〜いわき四倉IC〜楢葉コミニュティセンター <187.9km、 2:32、 高速 35km>

20180806_222826

<大きな地図>

帰り ルート3 楢葉町 コミュニティセンター〜いわき四倉IC〜いわき勿来IC〜勿来 GS <59.8km、 0:44、 高速 35km、 給油 6分>

20180806_221314

<大きな地図>

帰り ルート4 勿来 GS〜小金井 GS〜自治医大駅 <157.2km、 2:29、 給油 3分>

20180806_215840

<大きな地図>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

R1150R Rockster ミッションオイルとプラグ交換

R1150RRのミッションオイルとファイナルドライブオイル それに プラグ交換をしました。

R1150RRはエンジンとミッションが分離式なので、
車と同じように 5万キロ位は交換しなくて良いのかと思っていましたが、
VIRGIN BMWのメンテサイトを見てみたr、なんと 1万キロで交換となっていました。
トランスミッション オイルの交換ファイナルドライブのオイル交換を見ると
トランスミッションオイルは
 指定オイル規格 SAE90番 API GL-5相当 容量 0.8L
ファイナルドライブ オイルは
 指定オイル規格 SAE90番 API GL-5相当 容量 0.25L

API GL5相当というのは
API(アメリカ石油協会)が定めた自動車用ギヤーオイルの規格で、
「GL」とは Gear Lubricant(ギヤー用潤滑油)の頭文字をとったものです。

ハイフンでつながれた数字が1~5まで、使用する箇所(ミッションやデフ)、
使用条件に応じて対応する番号が指定されています。
数字が大きくなるに従って高性能となります。

LSD を装着した、かなり過酷な条件で使用されるデファレンシャルには「GL-5」。

マニュアルトランスミッションには「GL-3」または「GL-4」を指定する車両メーカーが多く、
FF 車のトランスアクスル(ミッション・デフ共用潤滑)には「GL-5」を使用します。


他の記事には
R1150Rのファイナルドライブには ハイポインド ギアが使用されているので 接触圧力が高い。
デフ用オイルに求められる性能は
1. 優れた極圧性を備えている
ハイポインド ギヤは、接触圧力、すべり速度とも非常に高い過酷な条件で使用されています。
ハイポインド ギヤ用オイルはこのような過酷な摩擦条件、
すなわち極圧状態でもギヤを円滑に作動させる働き(極圧性)が要求されています。
ギヤオイル GL-5は、耐焼付性および耐摩耗性に優れた硫黄系ならびにリン系極圧剤を併用し、
高速車や重量車など過酷な走行を行う自動車のギヤを潤滑できる極圧性を備えています。
2. 熱酸化安定性が良い
ハイポイドギヤは接触圧力、すべり速度が高いため摩擦熱が大きく、ギヤ油は高温となります。
また、ギヤ油の最大使命である極圧性を具備させるために添加している極圧剤は、
金属と反応し極圧被膜を作ることから明らかなように、
本来化学的に活性な物質であるため、高温になると分解、重合などの反応が生じやすく、
これから有害なスラッジなどが発生します。


デフ用オイル GL-5相当なら ファイナルドライブもミッションも共用オイルが使えそうなので、
両方で 1.05Lになる方法を検討。

買ったのは
CASTROL ギアオイル Universal 75W-90 GL-3/GL-4/GL-5 部分合成油 1L ¥1,830
SUMICO [ 住鉱潤滑剤㈱ ] モリオートギヤ (100ml) [ ギヤオイル添加剤 ] ¥1,269
両方で 1.1Lになるので、丁度良い量になりました。



プラグ交換も VIRGIN BMWで調べると 1万キロで交換とのこと。
今までは イリジウムプラグを使っていましたが、交換部品と割り切って、標準品を使うことにしました。

買ったのは
ヘッドのセンターに使用されている プライマリープラグは
NGK (エヌジーケー) 一般プラグ 2極 (ターミナル一体形) BKR7EKC ¥486 x 2
ヘッドの下側に付いている セカンダリープラグは
NGK (エヌジーケー) 一般プラグ 2極 (ターミナル一体形) DCPR8EKC ¥540 x 2

プラグレンチは 車載工具のレンチを使いました。
プラグホールが細くて 深いので、市販品では会いませんでした。

これで 安心して ツーリングに出掛けられます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

F800S ユーザー車検

今日も暑くなる予報の中、栃木の陸事に車検に行って来ました。

通い慣れた 場所ですが、今年から変化がありました。
いつものように自賠責保険に入り、書類を記入して提出したら、
車検用紙が自動化され、予約が入っている人は 車検証のQRコードを読み込めば
自動で印字されました。 手書きは不要だったようです。
車検費用と重量税を支払うとその後は受付を通らずにコースに行けるそうです。
継続車検の場合は 受付を受ける必要がなくなりました。

自分の前には 懐かしい マッハとGT380にピカピカのCB750が持ち込み車検を受けていました。
ヘッドライトで 光量を上げるためにアクセルを吹かすので、2サイクルの排気煙で煙い煙い。。。。v
今年から ハンドルの幅チェックはマスト項目になったようです。
ハンドルを換えている方は要注意ですね。

今回、マフラーを純正に交換せずに受けたので、マフラーを盛んに確認していました。っv eマークはあるが 車検適合証はありません。
直輸入品でですからね。

排気音の測定は 4000rpmで、一瞬でも4000rpmに達すると測定できるようです。
バッフルを抜いていないし、キャタも入っているので OK貰いました。

続いて ブレーキとスピードメーターの測定は OK
今回もスピードメーターの測定の時に ”ここでスイッチを離す”とアドバイス貰えました。
メーター見るより確実です(笑)

ヘッドライトは 測定機が悩んでいましたが、無事にOK。
最後の排ガスチェックも なかなか測定が終わりませんでしたが、無事に終了。
9時半までに 車検証が発行されました。

兎に角 暑かったので 朝早い時間に終わって助かりました。
マフラーを純正に戻せと言われたら 大変でしたが、取り越し苦労でした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

F800S タイヤ交換

8月に車検を控えており、リアタイヤがスリップサインが出ているので、
このままでは 車検に通らないので、タイヤ交換をしました。

色々と調べてみましたが、ツーリングタイヤのセール品は
ピレリ エンジェルST、ミシュラン パイロット ロード2しか見あたらず、
ハイグリップタイヤは 値上げで高くなってしまったので、
今回も ブリジストン TS100を履くことにしました。

いつものように 車体からホイールを外して 持ち込みで交換料金を抑えます。
今年は 猛暑なので ホイールを外すだけでも 汗が止まりません。
外したら 速攻でクーラーのある部屋に飛び込みました。
汗が引いてから シャワーを浴びて バイク用品店に。
車内の温度計は 41℃を示していました。。。。

購入したのは インターパークにある バイクセブン。
ここが一番安かった。

ブリジストン TS100 120/70R17、180/55R17 セット ¥34,800
持ち込み交換工賃 ¥2,200
タイヤ処分料 ¥600
合計 ¥37600

今回 オドメーター 32,562kmで交換になりました。
前回の交換は 29,233kmだったので、TS100は 3,329kmしか持ちませんでした。
ちょっと溝が残っていましたが、速すぎませんかね?
もうちょっと大人しく走って 持たせねば。。。。

ホイールを取り付けるのは 陽射しの強い中では大変なので、
夕方 日が傾いてから 作業しました。

さあ、これで車検の予約と思って ネットで見てみると
キャンセルがあったようで 明日の1番目が1件 空いていました。
すぐさま予約を入れて 明日は車検に望みます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 まとめ

2018年 7月11日から 23日まで 前回 東北編の続きを走ってきました。

前回の終了地点 新潟県新発田市まで行ってから 日本海岸線を南下。
日本海岸線を走りきり、下関を回って 瀬戸内海側を神戸市まで 走って時間切れ。
神戸からは 名神、東名、圏央道を走って帰って来ました。

今回は 2日目に夕立に降られてずぶ濡れになりましたが、
それ以外は 晴天 猛暑の連続で 暑さとの戦いでした。
でも、日本海側で 何回も綺麗な夕陽を見られ、夕陽マニアの自分は 大満足でした。
晴れているのに 景色は 暑さのせいで 靄が出て 綺麗に見られませんでした。
それでも、日本海側の綺麗な海岸線が見られ、大満足でした。
前回に続き、原発に何度も遭遇し、日本の抱える問題を見た気がしました。

走行距離:4061kmkm (オドメーター 22983〜25507mile 2524mile)

ルート概略 1日目〜8日目

20180726_101207

<大きな地図>

ルート概略 9日目〜10日目

20180726_102423

<大きな地図>

ルート概略 11日目〜12日目

20180726_103359

<大きな地図>

ルート概略 13日目

20180726_103820

<大きな地図>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 13日目

13日目

20180726_105510

20180726_105534

20180726_105601

20180726_105627

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 12日目

12日目

20180726_105259

20180726_105320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 11日目

11日目

20180726_105049

20180726_105108

20180726_105142

20180726_105154

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 10日目

10日目

20180726_104941

20180726_104956

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 9日目

9日目
山口県阿武町 から 山口県豊北町 道の駅 ほうほく でキャンプ

今日は見所だらけでした。
まず最初に 世界遺産の恵美須ヶ鼻造船所跡に行きましたが、
発掘途中で 見学施設も出来ていませんでした。
案内板も手作り風で 急遽決まったので間に合っていない感に溢れていました。
他にも観光客が来ていましたが、何を見て良いのか迷っていました。
次に 萩反射炉に行きましたが、幕末の時に この藩が小さい藩なのに先進的だったのが良く分かりました。
今日の目玉の松下村塾に行ってみて、質素で小さい塾が 塾生の手作りだと初めて知りました。
短い間しか開かなかったのに 豊富な人材を輩出したのも 吉田松陰の現場現物主義の勉強熱心、
その知識の中から 見いだした先見性が素晴らしいと思いました。
坂本竜馬も 吉田松陰と武知半平太が居なかったら、思想を固められなかった取ろうと思いました。
萩藩の先見性も松下村塾の影響もあったと感じました。
世の中を見通す教育は 今最も重要だと感じました。

その後も 青海島で 日本海岸の美しさと 駐車場管理をしている有名人 ラッパの正ちゃんとももちゃん
特別に 独楽回しと自転車乗りを個人的に見せて貰いました。 ありがとうございます。

仙崎では 道の駅で美味しい昼食を頂いて、金子みすゞ資料館へ。
金子みすゞのこだまの詩が好きでした。
家庭環境に恵まれず、早死してしまったのが残念です。
自然と生活の中から 豊かな観察力と表現力が伺われました。
作家デビューすることなく、雑誌への投稿のみで ここまで人々の心に残ることになるとは
思っていなかったと思います。
もっと長生きしたら どれだけ多くの作品が生まれたでしょうか?
特に子育ての詩が作れたら 人々の心に残る詩が残ったと思いました。

その後 有名な角島の大橋に行って来ましたが、思ったほど感動しませんでした。
橋が低いのと綺麗に見えるスポットが無いのが原因だと思います。
島の中もそれ程見所が無く、キャンプ場も夕陽が見えそうになかったので、 パス。
橋の袂の駐車場も夕陽が見えそうにないのと 暑いアスファルトの上にテントを張るようになるの、パス。
本州 最西端の道の駅 ほうほくにしました。
その前に 大河内温泉の日帰り温泉まで 温泉に入りに足を伸ばし、
帰りに 海岸線から この旅最後の日本海に落ちる夕陽を見てから 道の駅に戻りました。


走行距離:186.4km
走行時間:11:56
燃費: km/L

オドメーター 24339〜24455mile 116mile
トリップメーター 75.4〜158.5〜33.0mile
給油 158.5mile (255.0km)  L
燃費 km/L
スタート時間 8:34、ゴール時間 20:31


ルート

20180726_104833


標高

20180726_104845




| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Accord Euro-R 2000モデル | BMW F800S 2007モデル | BMW R1150R Rockster 2004モデル | HONDA VEZEL RS 2016モデル_ | おすすめサイト | こころに響く | アメリカ National Park | アメリカ WWⅡ Museum | アメリカ 珍道中 | アメリカ 生活事情 | イベント | オークション | グルメ・クッキング | スパーダ VT250('88M)の記録 | スポーツ | ツーリング | デジもの、PC、インターネット | ドライブ、クルマ | ネコさんの 四国 お遍路 すごいぜ! | バイク全般 | ヘルス ケア | ミミとトトの出来事 | メンテナンス | 住まい・インテリア | 大学時代の仲間 | 奥さんのN-ONE 2013モデル | 旅行・地域 | 日本海岸線一周ツーリング | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 登山、ハイキング | 自炊のすすめ | 自然とのふれあい | 観光名所 | 買い物 | 過去所有 TMAX 530 2012モデル | 過去所有 アメリカ ACCORD 2010モデル | 過去所有 アメリカ ACCORD 2013モデル 初代 | 過去所有 アメリカ ACCORD 2013モデル 2代目 | 過去所有 アメリカ RIDGELINE 2008モデル | 過去所有 アメリカ 奥さんのCIVIC 2008モデル 白と黒 | 過去所有 アメリカ 奧さんのCivic Coupe 2012モデル | 過去所有 アメリカ 奧さんのCivic Coupe 2014モデル | 過去所有 アメリカ 奧さんのCR-V 2011モデル | 過去所有 T-MAX 2002モデル | 過去所有 アメリカ Harley Davidson SPORTSTER 883 2002モデル | 過去所有 稲妻丁型 二代目 XB12S 2004モデル | 過去所有 稲妻丁型 初代 XB12Ss 2006モデル | 過去所有したバイク | 関東ふれあいの道 | 駅からハイキング | 高校時代の仲間