2015年7月26日 (日)

姉山の家

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

【LIFE HACKS】 主婦が幸せに暮らせる街ランキング TOP50

下野市が 26位になりました。


 株式会社学研パブリッシングは、全国の20~40代の主婦4793人を対象に、日常生活における幸福度に関する調査を実施し、「主婦が幸せに暮らせる街ランキング」を発表した。日常生活における幸せ度を聞き、「暮らし」「家族」「お金」「食事・健康」「モノ・趣味」の5つの指標で点数化(Happy Quality=HQ指数)した結果、全国で最も幸せ度が高い街は、1位「藤沢市」(神奈川県)、2位「稲城市」(東京都)、3位「西宮市」(兵庫県)となり、主婦たちは、都心よりも郊外での生活に幸せを感じていることがわかった。  順位の続きは、4位「三鷹市」(東京都)、5位「松山市」(愛媛県)、6位「福岡市」(福岡県)、7位「生駒市」(奈良県)、8位「守谷市」(茨城県)、9位「新居浜市」(愛媛県)、10位「広島市」(広島県)となった。  この郊外で暮らす主婦の形「郊外型ハピネス」は、関東・関西の大都市圏だけでなく、全国にもその広がりを見せている。全国を8つのエリアに分け、エリア別にHQ指数を見ると、北海道・東北エリアでは青森県「三沢市」(116.5)が、中部エリアでは静岡県「菊川市」(111.1)が第1位に、中国エリアでは広島県「福山市」(112.5)が、九州・沖縄エリアでは沖縄県「豊見城(とみぐすく)市」(110.6)が第2位。中国エリアの「広島市」(117.1)や九州・沖縄エリアの「福岡市」(121.1)のように中核都市が第1位のエリアもあるが、上位の顔ぶれを見ると、都心よりも郊外の方がより多く、「郊外型ハピネス」現象が全国に広がっていることがわかる。  なぜ郊外なのか? いまどきの主婦たちが望む「郊外型ハピネス」について、マーケティングの専門家である早稲田大学 社会科学総合学術院の野口智雄氏は以下のようにコメントしている。 ◎「郊外型ハピネス」が求められる背景 自分らしい暮らしを楽しむ時代へ

 バブルのような熱狂的な消費の時代が過ぎ去ってから、環境を求めながらも先端消費をする、好きなものにこだわったメリハリのある消費をするなど、消費動向が変化しています。経済的な豊かさよりも気持ちの豊かさを求めるようになり、都心至上主義から脱却し、郊外で自分らしい暮らし方を楽しむ「郊外型ハピネス」が求められるようになったのだと考えられます。

◎郊外の魅力 自然・歴史・文教・交通などの街の文化度加え、「ショッピングの充実」に注目

 今回「主婦が幸せに暮らせる街」に選ばれた藤沢市、稲城市、西宮市など上位の街は、いずれも中心地から一歩外れた郊外の街です。これらの街には、「自然が身近」「歴史がある」「学校などが多い文教地区」「交通アクセスがよい」「ショッピングが充実している」といった共通点があります。

 身近な自然は人に安らぎを与え、歴史は街の品位を表し、文教地区は子どもの教育に適しています。また交通・アクセスの良さは、毎日の暮らしにおける基本インフラとして重要です。これらの、いわば従来からあった文化的な街としての魅力に加え、最近注目されるのが郊外におけるショッピング機能の充実です。


◎郊外の魅力づくりに大きく貢献 大型モールが「主婦が幸せに暮らせる街」の必要条件に

 従来、買い物と言えば、家庭の主婦が毎日近所のスーパーにひとりで行き、日々の買い物をするのが一般的で、「日本では、週末に大量にまとめ買いするようなショッピングスタイルは定着しない」と考えられていました。

 しかし今では、週末に家族で郊外のモールなどに出かけまとめ買いをするのが、ごくあたりまえの風景として根付いています。女性が社会に進出し、週末のまとめ買いが一般化してきたこともありますが、売り手側がこの変化を上手く捉え、買い物にエンターテインメント性を付加し、買い物を家族のレジャーとして位置づけたことも大きな要因だと思います。

 買い物のついでに食事や映画が楽しめるだけでなく、スポーツもゲームもカルチャーも、それぞれ別の場所に出かけるのではなく、ひとつのモールの中で完結するワンストップ性も家族にとっては大きな魅力です。郊外のモールなどに家族で連れだっていくこと自体がレジャー化しており、家族のコミュニケーションの場にもなっています。

 自然や歴史、文教地区といった街の品格や交通アクセスの利便性に、レジャー化した商業施設が加わることで 郊外の街の魅力がさらに高まり、そこに暮らす主婦たちの幸せ度をさらに高めているのだと思います。


20160818_170304




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

引っ越しと近所への挨拶

今日、引っ越しの最終便を出しました。
家の中は がらんどうです。
とうとうこの景色も見納めだと思うと 寂しくなります。
短くも 楽しい10ヶ月でした。 
人生で一番 贅沢な10ヶ月だったかも知れません。

大家さんに挨拶に行くと大家さんから 手作りのアクセサリーを頂きました。
引っ越し後に 掃除していたら、”もう、掃除はしなくて良いから リラックスしていきなさい”と
優しい声を掛けてくれたり、”あなた達が LAに遊びに来たら 是非 我が家に泊まってね”と
言葉もろくに分からない 日本人の店子に 友人のような優しい心遣いをしてくれました。
本当に良い場所の良い人達に恵まれた 贅沢な10ヶ月でした。

一番 気さくな メアリーばあちゃんも 犬を2匹釣れて 最後の挨拶に来てくれました。
手作りのクッキーを手に。
メアリーは引っ越してきたときから奥さんが散々お世話になりました。
店やレストランを 自分で運転して 教えてくれたり。
美味しい物を教えてくれたり。
日本語の辞書を買って 勉強したのに 覚えられないからと 奥さんに渡したりと。

隣のメリーばあちゃんは いつでも毅然として凛々しい 若さと嗜みを忘れない
素敵なおばあさんでした。
日本贔屓で 家の中外に日本の物が沢山置かれていました。
家具調こたつをあげたかったけど、家の高級家具にはマッチしないので
それは止めときました。 荷物になっても困るでしょうから

皆さん、上がって行けと 嬉しい言葉を掛けてくれましたが、時間が無かったのでご辞退しました。
もっとゆっくり話したかったのですが、時間がとれ名無かったのが残念です。

家の入り口の下側のおばさんも 気さくな方で 良く犬の散歩の時に挨拶しました。
坂の下側で 引き返してしまうので、あまり遠くまでは散歩していませんでしたが、
最後に奥さんへ ”あなたに悲しくならないように おまじないをするね”と
奥さんが 泣き出さないように 言葉を掛けてくれました。
とても素敵な おばあちゃんです。

皆さん、身知らずの英語の出来ない我が家をコミニティに受け入れてもらい、
優しくしてくれてありがとうございました。
皆さんのお陰で 楽しいLA生活を送れました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

日本への帰国が決まりました

本日、辞令が交付され、4月1日から 日本へ帰任が決まりました。
2008年2月6日に赴任以来、オハイオで 5年3ヶ月、カリフォルニアで 11ヶ月、
通算 6年2ヶ月のアメリカ勤務。
オハイオのみならず、カリフォルニアにも勤務ができ、
色々な経験をさせて貰いました。
生活習慣のみならず、交通状況、交通マナー、物価、役所の対応そして法律まで違うことに
戸惑いもありましたが、
とても良い経験が出来たので、最後までアメリカを満喫して帰りたいと思います。

しかし、引っ越しの準備が大変忙しい。。。
去年もバタバタでしたが、その経験が生きており、何をすれば良いのか、
やることが分かっているので、短い時間でも準備が出来そうです。

一番の懸案は オートバイを持って帰ること。
これから調べねば。。。。

Img_5697


_ds38117zf4998148041004




| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

家の中からの風景

家の中から見える風景に和まされています。

ファミリールームから見える風景、ロングビーチの港が一望出来ます。

Img_0029

戦艦アイオワ、記念艦として博物館になっています。

Img_0032

ロングビーチとサンペドロを繋ぐ吊り橋

Img_0033

曾てのイギリスの高速客船として大西洋航路にあった クイーンメリー号(博物館とホテル)

Img_0039

だんだん 陽が暮れてきて、夜景に移っていきます。

Img_2608


Img_0043
ダイニングルーム 片付けの途中ですが。

Img_0257


ファミリールーム

Img_0259

Img_0284

ファミリールームから PCをやりながら夜景を見られます。

Img_0137

Img_2605

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

やっとどうにか生活出来そうです

段ボールから必要最小限の物を出せたので、どうにか生活が出来そうです。
トト君もやっと新しい家に慣れたようで、いつものトト君に戻ってきました。

Img_2371


Img_2401


Img_2396


Img_2416


Img_2455


Img_2552


Img_2554


Img_0078


Img_2606

Img_0044

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

朝の散歩

引っ越しした最初の朝に 近所を探索するために 朝の散歩に出かけました。

朝、起きたら寒くてビックリ。 初夏のハズなのに 3月頃の感じです。
外は霧に包まれていました。 どうやら雲の中に入ってしまったようです。

Img_2457

ロングビーチの港も見えなくなってしまいました。

Img_2459


ご近所の家はどの家も綺麗に庭を手入れしており、多くのバラの花もそこら中に咲いています。

Img_2470


下の道から 我が家がチラッと見えていました。

Img_2473


ご近所には古い車の愛好者も多いようで、時々 昔の車を見かけます。

Img_2476


近所は お金持ちが多いようで、もの凄く大きな家ばかりです。

Img_2482


飛行機好きのオーナーなのでしょうか? 住所表示に個性が表れています。

Img_2484


道の横に着いている雨水の下水道の入り口には ”海に繋がっているから変な物は流さないでね”と表現されています。
しかし、入口がでかいねえ。 子猫だったら 吸い込まれて、おきたら

Img_2485

Img_2489


家が大きいだけじゃ無くて、眺めの良い場所は 家の壁が全てガラス。。。
地震が多く起きる場所なのに。。。。

Img_2488

Img_2538

Img_2507

色々な珍しい植物もあり、植物園にいるような雰囲気もあります。

Img_2491

椰子の木が並んでいて、南国に来た雰囲気ですが、寒い。。。

Img_2512

この住宅街の名前 ”ミラレステ ヒルズ”

Img_2514

近くには 中学校もありました。

Img_2518


何か、歩いているだけでも気持ち良くなる場所です。
静かで親切な この街を気に入りました。 住めて良かったと実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月31日 (金)

新らしい家に引っ越し

さあ、今日は引っ越しです。
朝早くから起きて、荷仕度を行い、朝食を早めに済ませ、
8時には 荷物を車に載せて、出発しました。
1ヶ月も過ごしたので、懐かしくなってしまったホテルに別れを告げました。
フロントでチェックアウトを済ませると、”また戻ってきてね”と声を掛けられました。

新しい家に着き、家の中を再び見て回り、荷物を何処の部屋に置くか確認し、
引っ越し業者が来るのを待ちます。

いよいよ トラックが到着し、荷物を運び入れます。

Img_2373


奧さんは台所で、段ボールの搬入先をテキパキと指示を出しています。

Img_2382


私はすることが無いので、トトが逃げ出さないように確認している係です。

各部屋に荷物がうずたかく積み込まれました。
ファミリールーム

Img_2412

キッチン

Img_2414


メインベットルーム

Img_2420


ゲストルーム

Img_2424

Img_2427


引っ越しで忙しい中、ネットワーク会社のCOXがやってきて、ケーブル引き入れの工事を始めました。
今までのケーブルは 2Fのゲストルームに引かれているので、
新しくファミリールームに引き込むように新たに壁に穴を開けて貰いました。
穴を開ける許可を大家に確認を取るのを忘れたので、大家に連絡しましたが、
出かけてしまったようで、連絡が付きません。
COXの担当者は 早くやって帰りたいようで、穴を開けさせろと騒いでいます。
仕方ないので、大家には後確認することにして、穴を開けてもらいました。

Img_2428


荷物の中から慌てて 電話機とLANモデムを探し出し、取り付けてテストしました。
無事にネットも電話も繋がりました。

Img_2432


引っ越しも終盤に掛かってきましたが、マッサージ機を確認すると動きません!

Img_2433


何らかの負荷が掛かったようで、スイッチを入れても籾玉が動かないようで、
そのままダウンしてしまいます。
奧さんが楽しみにしていたのに、修理のために引き取って貰いました。

Img_2442

無事に直って 戻ってきて欲しい物です。

引っ越しは完了して、引っ越し屋さんが帰っていきました。

Img_2445

大家のジェニーがやってきて、お祝いにいちごをプレゼントしてくれました。
嬉しい心遣いです。

Img_2447


COXの穴も確認して貰い、事後承認して貰いました。
今日は引っ越しだけで 疲れてしまい、荷ほどきは全く出来ませんでした。
これから 土日でどこまで開梱出来るでしょうか?

ファミリールームからの夜景

Img_0025

ダイニングルームからの夜景

Img_0140


思っていた以上に夜景が素晴らしく、毎夜の楽しみになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月30日 (木)

借家の引き渡し

5月23日に 新しい借家の契約も無事に完了し、今日は家の引き渡しです。
初めて大家に会うので ちょっと期待と不安が入り交じり。

大家さんは 優しい感じの初老のおばさんでした。
旦那さんは 元国際線のパイロットをしていたそうで、
成田にも何回も行ったことがあるそうです。
面白いのは 家の権利は奧さんにあるようで、旦那さんは奧さんがボスだからと
奧さんの言うことを素直に手伝っていました。

最初に紹介されたのは 水道屋さんのフランクさんで、
家を貸す前に 万全にするために下水道の清掃を依頼してくれたそうです。
そして、フランクさんの名刺をくれて、
”何か水回りのトラブルがあったら、すぐにフランクに連絡してね”との事。
何かトラブルがあったら、大家さんを通さなくても、修理を依頼して良いそうです。
勿論、修理代は大家さんの支払いです。
そして、鍵の引き渡しを受け、家の入居時検査を行いましたが、
意外とトラブルが多いみたいです。
ガレージの蛍光灯が付かない、ゲストルームのライトスイッチが動かない。
ベットルームのファンが回らない等のトラブルが見つかりましたが、
大家さんは気持ち良く直してくれると約束してくれました。
良い大家さんに出会えたようで、安心しました。

お隣は 未亡人のメリーさん、道の向こう隣も 未亡人のメアリーさん。
メリーさんとメアリーさんで 混乱してしまいました。
その間の奥の家が 大家さんご夫婦の家です。
皆さん、お年を召しているので、静かな所だと強調していました。

いよいよ、明日は引越です。


Img_2354


Img_2403


Img_2456

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

レンタルハウス 本命の契約完了

今日、無事?に契約が完了し、後は引き渡しを待つばかりです。

契約書の内容は細かく、カビが生えたらとか、室内禁煙とか、
細かい禁止事項が沢山列挙されています。
LAの契約は細かいですね。
しかし、デポジットも高額で、家賃2ヶ月分!
来月の家賃も払うので、3ヶ月分を為替小切手で用意しました。
一気に100万円を越える資金が無くなりました。

30日に引き渡しを受け、31日に引越の予定。
帰りにケーブル会社に行って、インターネットと電話を依頼しました。
TVの家役をしなかったので、疑問に思っているようでした。
来週は忙しくなりそうです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

BMW F800S 2007モデル | BMW R1150R Rockster 2004モデル | TMAX 530 2012モデル | おすすめサイト | こころに響く | アメリカ National Park | アメリカ WWⅡ Museum | アメリカ 珍道中 | アメリカ 生活事情 | イベント | オークション | グルメ・クッキング | スパーダ VT250('88M)の記録 | スポーツ | ツーリング | デジもの、PC、インターネット | ドライブ、クルマ | バイク全般 | ヘルス ケア | ミミとトトの出来事 | メンテナンス | 住まい・インテリア | 大学時代の仲間 | 奥さんのN-ONE 2013モデル | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 登山、ハイキング | 自炊のすすめ | 自然とのふれあい | 観光名所 | 買い物 | 過去所有 アメリカ ACCORD 2010モデル | 過去所有 アメリカ ACCORD 2013モデル 初代 | 過去所有 アメリカ ACCORD 2013モデル 2代目 | 過去所有 アメリカ RIDGELINE 2008モデル | 過去所有 アメリカ 奥さんのCIVIC 2008モデル 白と黒 | 過去所有 アメリカ 奧さんのCivic Coupe 2012モデル | 過去所有 アメリカ 奧さんのCivic Coupe 2014モデル | 過去所有 アメリカ 奧さんのCR-V 2011モデル | 過去所有 T-MAX 2002モデル | 過去所有 アメリカ Harley Davidson SPORTSTER 883 2002モデル | 過去所有 稲妻丁型 二代目 XB12S 2004モデル | 過去所有 稲妻丁型 初代 XB12Ss 2006モデル | 過去所有したバイク | 関東ふれあいの道 | 駅からハイキング | 高校時代の仲間