2018年8月 5日 (日)

第3回 福島第一廃炉国際フォーラムに参加

5月に 福島県にツーリングに行った時に いいたて村の道の駅 までい館に寄りました。
ここは 放射能の被害を受けた地区ですが、除線を終えて 復興している地区に新しく出来た 道の駅です。
そこに 8月5日に開催予定の 廃炉フォーラムのポスターが貼ってあり、関心を持って申し込みました。

第3回 福島第一廃炉国際フォーラム


町役場の駐車場に作られた 復興商店街 ここなら、すでに新しい店舗を再考して移動していました。

Img_6625

Img_1334

Img_1335


町役場の隣に建っている 楢葉町コミュニティセンター

Img_1337


会場内の様子

Img_1319


参加した感想は どうにも機構側が 地元に対して、意見を聞きました、回答致しました。と言うだけの場のような気がしました。
持ち帰りの質問を残さず、口先だけの回答。。。本当に地元に分かって欲しいとは感じませんでした。


開始は主催者側 3名のからの挨拶。
最初から 機構理事長の山名氏より、”廃炉は経産省、除線は環境省なので、除線は議論しません”と
お役所の縦割り行政の線引きを宣言。
そんなことしていたら 住民は納得出来ないでしょう。 同時に開催すべきなんじゃないですかね?
役所の都合に潤民を合わせる姿勢に この会のやり方が見えた気がしました。

次に 全員参加型の課題と希望の抽出、6〜8名のグループで話し合い、課題と希望を抽出。
さらにブロックごとに 課題と希望を抽出して 午前中が終わり。

外の特設テントに 地元産の素材を使った お弁当を全員分用意されていました。
更に 高校生が考えたジェラートが用意されていました。
暑い外テントだったのが辛かったのですが、美味しく頂きました。

Img_6588

Img_6597

Img_1321

Img_1322

Img_1332


しかし、食べないで帰った人が多いのか? お弁当が余りまくっていました。
お役所仕事なので、余っても気にしない様子です。
暑い外で配っているので 傷むのが早そうで気になります。

Img_1325


午後からは 午前中の課題と希望のまとめと言っても、殆どまとめになっていませんでした。
取りあえず、全員から意見を聞いた風にでっち上げたかっただけのようです。

その次に 選ばれていた地元からの代表者と機構側とのディスカッション
高校生と専門学生も参加していましたが、しっかりと意見を言っていました。
やはり将来にたいする 問題意識が高いようです。

Img_6613


回答者は
東京電力ホールディングス福島第一廃炉推進カンパニー プレジデント 小野 明
経済産業省 廃炉・汚染水特別対策監 松永 明
原子力損害賠償・廃炉等支援機構(NDF) 理事長 山名 元

我々が聞きたかったのは
・ 将来に向けて 廃炉後、被災地域に対し、どう還元するのか?
・ 廃炉のプロセスに対し、30~40年掛かると言われているが、マイルストーンと現状と課題、見通しを明確化

まずは情報公開が不十分との内容に対し、機構側は十分発信しているが 見て貰えないと回答。
だいたいこの手の情報は 見たい情報は出さず、分かり難い回りくどい内容で、
専門用語を多くし、内容が分かり難い、見えない回答ばかりなので、皆さんが不満を持っているのに、
機構側は理解していない。
まあ、住民の不安を取り除くような ビジョンを示していないし、約束もしたくないというのが本音だろう。
リーダーシップなどみじんも感じない 言い逃れの内容だった。
廃炉に対するマイルストーンは 方法が見えていないし、出来るかどうかもハッキリしない現状では
マイルストーンをおけないと説明している。

そうじゃなくて、30~40年後の廃炉が完了したら この地域はこの様な状態にしますと ビジョンを示し、
それに対するマイルストーンとして、5年毎にどこまでを目標にやりますと行動目標をしめし、
課題を明確化して、その進展を説明するのが筋なのに、分からない、約束出来ないばかり。
こんなことで 若い人が将来を夢見ることが出来ると思うのか?
どんどん出て行ってしまうことになるだろう。

高校生の女子が ”将来の雇用に不安がある”と発言したことに対し、
機構側は
”現在は 廃炉作業で4000名の就労があり、30~40年 廃炉に掛かるので、
雇用は ある程度確保される” と説明されたのに対し、
廃炉作業を5年間行っていた方から
”契約は3ヶ月毎に更新され、作業内容が変わり、
今までの仕事内容が変わると スキルの有無で 契約を継続されない。
当初は 7000名雇用されていたが、現在は 4000名に減っており、いきなり契約解除される”
と課題提示があり、
それに対し 山名委員長は ”廃炉作業は 現在国内にある52基の原発を廃炉にするのに必要なノウハウを
ここの廃炉作業で構築すれば、廃炉の先端技術を持つ町になる”と回答されていました。
破棄された原子炉の廃炉と運転停止された廃炉の工事内容は同じなのだろうか?
東電と国、機構は 廃炉の研究所と新技術の製作の場を福島に移転する気があるのだろうか?
とてもそんな気があるとは思えないし、山名委員長がそんな権限があるとも思えないし、
そのような働きかけをするとも思えないし、約束もしていない。
口先だけで 地元民をごまかした風にしか見えなかった。

それを将来の技術構築がこの町を救うとは?
このフォーラムで 質問を持ち帰ることもしないで、口先だけの国会答弁のような回答だけで
打ち切った、ファシリテーターもいい加減だと感じた。
誰もが納得していない雰囲気で、最後に楢葉町長が 終わりの挨拶で
有意義な会議だったと閉めた。
この町長は 町の将来を真剣に考えているのだろうか?
目先の土木工事が落とされれば 町が裕福になると思っているのだろうか?

彼女の疑問は 普通の町に戻って、普通の暮らしが出来るのかどうかだと思うが、
機構側は 廃炉で仕事を与えるから良いだろうと言う感じ。
地元の将来など殆どみじんも考えていないことが表に出ていた。
高校生の不安は 拭われず、町が過疎化した時に 後悔するのだろう。
この様な町長を選んだ町民の悲劇だ。

嫌な感じは 廃炉後の放射能のゴミをどうするのかを 全く約束しないこと。
どうせ汚染された地域だからと 除線ゴミの置き場にしているのと同じく、
廃炉の汚染ゴミの置き場にして、全国からの廃炉汚染ゴミ処理場にする気なのかと勘ぐってしまう。

国も機構も東電も どうして 国民に対して、被害者に対して いい加減なのだろうか?
この国の政府、上級役人が信用出来なくなる。
大平洋戦争を起こした 軍人は 皆戦後に責任を取らなかった。
真面目な方は皆戦死してしまった。
同じ様なことが今起こっている気がします。


議論の様子は その場でイラスト風議事録に記録されています。 議事録の一部を載せます。 最後に 不満、もっと知りたい、満足等のシールを参加者が議事録に貼れるようになっていたので、 思いっ切り 不満のシールを貼ってきました。

Img_6615

Img_6616

Img_6617

Img_6618

Img_6619


こんな会議に 駆り出された 会場ボランティアの高校生と学生さんに ご苦労様と言いたかった。
また、地元の皆さんの不安はぬぐえそうにもない状況を助けるために 手伝いをしたいと思いました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

甥っ子の結婚式

甥っ子が結婚式を横浜で行いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

三峯神社 白い気守り

1時に並びに行き、1:30過ぎに整理券ゲット、 2:00過ぎに 無事に白い気守りゲット。 2:30に車を出発しましたが、帰りも渋滞で いつもより1時間以上 帰りの時間が かかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

ツインリンクもてぎ 冬の花火

ツインリンクもてぎ 冬の花火イベントを見に行ってきました。 寒いので、完全装備で見に行きました。 相変わらず迫力がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

秩父 三峯神社 白い気守り

11月1日(水)は 秩父 三峯神社の白い気守りの頒布があります。
浅田真央ちゃんが持っていて、凄いご利益があったと有名になったお守りで、
御神木のパワーを秘めているお守りとして人気があります。
そのため 毎回1日は 凄い渋滞が発生すると言われていますので、途中から歩く覚悟で行って来ました。

P_kimamori


三峯神社のwebから

● 朔日限定『白』い『氣守』頒布のお知らせ

11月1日(水)『白』い『氣守』頒布予定時間
  〇 1時30分 引換券配布
  〇 2時00分 御守頒布予定
  〇16時30分 引換券配布終了
  〇17時00分 御守頒布終了

11月1日(水)の『白』い『氣守』頒布は午前2時より行います。
午前1時30分より神社参道入口の三ツ鳥居周辺(絵地図参照)にて引換券の配布を致しますので、
お受け取りの上、社務所へお越しください。

P_kenhanpu


日中でも10℃を下回る日が多くなってきましたので、しっかりとした防寒対策をお願いいたします。
参道や周辺道路等、照明もご用意いたしますが暗く見づらい場所もございます。
懐中電灯等をご用意いただき、足元には十分ご注意ください。

できる限りの体数を御用意致しておりますが、ご来山頂いた皆様に頒布できます様、
お1人様1体の頒布とさせて頂きます。

※十分な数はご用意いたしましたが、なくなる可能性もございます。
※二瀬ダムより5キロ・8キロ・9キロ地点に仮設トイレも用意されていますが、
  夜間のご利用時は段差等足元十分ご注意ください。
※お1人で何度も往復し複数お守りを受けられる方がいらっしゃいます。
  「1人1体」の決まりをお守りいただけない方には、大神様の「氣」のこもったお守は授与いたしかねます。
※渋滞中に車の燃料が無くなってしまう方がいらっしゃるとのお話がございまいた。
  山奥の為近くにガソリンスタンドはございませんので、燃料を確認の上ご登拝ください。



今日は会社から 20:00頃に家に帰り、夕食と支度して 21:57に家を出発、
夜道を 秩父に向かいました。
途中、秩父の”道の駅 あらかわ”で トイレ休憩以外は ノンストップでまっしぐらに進みましたが、
二瀬ダムの信号で渋滞待ち、この先どれほどの渋滞なのか? 心配しながら進みました。
細い山道を登っていると 駐車場の4.4km手前、0:48の時点で 渋滞が始まっていました。
駐車場の入場待ちの渋滞なので、気守りの頒布が 始まらないと この先は進めません。

奥さんに車の運転を任せ、躊躇無く 0:55には歩き始めました。
道はなだらかな登りなので 歩きやすいのですが、車の出す排気ガスが臭くて参りました。
走っているだけなら 気にならないのですが、渋滞していると短い距離に多くの車が
排ガスを出すので、もの凄い濃度で、すぐにのどが痛くなってしまいました。
下ってくる車がないので、反対車線を歩きましたが、懐中電灯を車に忘れたので
足下が暗くて参りました。
気温は 4℃と表示されていますが、登りの歩きなので すぐに暑くなり、上着もインナーダウンも脱いで 腕まくりでも 汗が出るほどでした。

停まっている車も諦めているのか、ライトもエンジンも止めているので、真っ暗です。
長い駐車場の様になっていました。
少しだけ 車列が進みましたが、新しい場所を提供したようで、何台か進んで、また停まりました。
その時に気が付いたのですが、何台かは車を放置して お参りとお守りの頒布を受けに行ったようで、
もぬけの殻でした。 いくら進まないと言ってもマナーを守って欲しい物です。
でも、皆さん 並んでいても何時間かかるか分からないのに
ドライバー以外の人が歩いて行かないのは不思議でした。
寒くて暗い中を歩きたくないのか? 並ぶのには慣れているのか?
ドライバーを残して 歩いて行って、帰って来てから交代するだけで 大分時間短縮になると思うのは
私だけなのでしょうか?

1:47には 駐車場に着き、案内の人に聞いてみたら、20:30には 駐車場は一杯になっていたそうです。
ここの渋滞の先頭は 5時間も待っているのか。。。。ご苦労様です。
三ツ鳥居の引換券は待ち時間無しで貰えました。 引換券の並びは20分以下で解消したようです。
そこから 随身門をくぐって参道を行くと拝殿前の階段で 参拝の順番待ちで並んでいました。
20分ほどで 参拝が出来ましたが、皆さん 願い事が多いようで、長い時間お願いしている方が
多く居たように感じます。 私も多くの願い事をしましたが。。。。

その後、社務所に行き、 引換券で 白い気守りの頒布を受けます。
参拝で時間を使っているので、頒布は並ばずに出来ました。
御朱印帳の記帳は時間が掛かるようでした。 今回も御朱印帳を忘れたので、記帳出来ませんでした。
その後は 御神木にパワーを貰うのですが、そのも並んでいます。
皆さん お願いの時は 時間を掛けているので、仕方ありません。
私も 多くのパワーを 白い気守りに蓄えて貰いました。

その時に 前に並んでいた 女性2人組の会話を聞くと 19:00から駐車場で待っていたので、
すでに 7時間30分も この場所に居たそうです。
皆さん、我慢強いですね。

そして 帰りに三ツ鳥居に行き、引換券を配っている方に 車で待っている奥さんの代わりに
代参出来ないか聞きましたが、一人一枚の決まりなので、出来ないとのこと。
残念ながら 車へ歩き出しました。
帰りは 下りなので足取りも軽く、登ってくる人も増えました。

33分も歩くと 奥さんの車を発見しました。
4.4km地点から 3.0km地点まで進んだようです。
この時点で 3:22、時間的に 6:40までに帰らないと 奥さんが仕事に間に合わないので、
奥さんが 歩いて頒布を受けるには 3時間くらい掛かるとすると 間に合いません。
今日は 1つだけで諦めて帰るしかありません。

来月も もう一度 頒布を受けに来る必要があります。

帰りはノンストップで 6:18に家に着き、無事に目的を達成出来ました。


ドライブ ルート:399km  8:21

20171101_75209


歩きルート:8.5km  2:27

20171101_75313



ちなみに 路線バスの西部観光バス運行情報に 渋滞の凄さを物語っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

ツインリンクもてぎの花火

ツインリンクもてぎの花火に行って来ました。
凄く綺麗で迫力満点でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

益子 陶器市

今日は あまりにも天気が良いので、家の中にいるのは勿体ないと 混雑覚悟で 益子の陶器市に出かけました。

ルートは選りすぐった 渋滞回避ルートで向かったので、渋滞知らず、
駐車場もすんなり入れました。
メインルートから来た人たちは 渋滞と駐車所探しで大変だったようです。

陽射しが強く、紫外線も強いようで 眼が痛かった。
GWの運転には サングラスが必須ですね。

青空に 藤の花が映えていました。

Img_6860


小さい街なのに 人の数が凄いです。

Img_6867


アド街で 有名になった 饅頭屋の赤羽さん、おばあさん一人で店番をしているので、
大忙しで ネコの手も借りたい様子でした。
お値段は 良心的で美味しかったです。

Img_6863

Img_6865

Img_6866


このような益子焼きが少なくなりましたね。 結構、昔ながらの形かモダンな物が増えた感じがします。

Img_6869


こちらも アド街に出ていた 腹筋男 マッチョ君! 
作者の人も居ましたが、忙しそうでした。
残念ながら 箸置きは見つかりませんでした。

Img_6871




道の駅 ましこ も今までにない活気がありました。
街からだいぶ離れた場所で、交通の要所でも無い道沿いなので、
心配していましたが、結構 流れてきているようです。
まあ、真岡方面に行く人たちの抜け道ルートでもあるので、
この時期は通る人も多そうです。

これから行く人のために ご参考です。
行きに K41を使わないように、益子の通りに出る交差点に信号がないので、
渋滞になっており 通り抜けに時間が掛かります。
行きのルート
帰りのルート


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

今日は 蔓巻公園と わんぱく公園に ポケモンGO!

今日は 朝の散歩として 近所の蔓巻公園に。
ここも ポケモンの巣になっているとの噂があるので、歩いて行ってきましたが、
ニドランの巣になっているようですが、昨日のエネポーに比べると
出現率も低く、とても巣と言える状態ではありませんでした。

その後、車で壬生のわんぱく公園に行きましたが、
公園が広くて なかなかポケモンが見つかりません。
オムナイトの巣になっていますが、最初の1匹を見つけてからは
さんざん 公園の中を歩いても見つかりませんが、
何匹か見つかり出すと 続けざまに見つかり、
オムスターにまで進化することが出来ました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

ハロウィン ウィーク by ポケモンGO

ポケモンGOは 日頃は近所をウォーキングしながら やっているのですが、
今週末は ハロウィン ウィークで 捕まえた時のあめ玉と博士に送った時のあめ玉が 2倍!
相棒として歩くポケモンの距離が 1/4で あめ玉が貰えると あめ玉のバーゲンセールになっているとのこと。
これは 進化させるのに かなり有利になるので、週末の土日に
ポケモンの巣に行って、普段捕まえられないポケモンをゲットし、更に進化させることにしました。

今日 行ったのは 噂の宇都宮城址公園。
宇都宮駅の廻りで ポケモン狩りをしていたら 二荒山神社のお祭りの行列が歩いていました。
結構 大きな祭なのに 思ったほどの見物人が居ないのが意外でした。
外国人が見たら面白いだろうに。。。

その後、城址公園まであるって行くと、居るは居るは ポケモンをやっている人が沢山居ました。
城址公園を巣にしていたのは エネプーでした。
2時間ぐらいで 何匹捕まえたか分かりません。 ポケモンスポットもジムもあり、
ほしの砂も 他のゴーストかゴーストを捕まえたので 多量にゲット出来ました。

帰りに 二荒山神社に寄ってみましたが、神社では特にイベントはやっていませんでした。

お陰で レベル22に上がることが出来ました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

ツインリンク もてぎ 2&4イベント

娘がペア招待券を貰ったので、娘に誘われて一緒に ツインリンクもてぎに行ってきました。

時々雨が降る天気なのに 結構 駐車場には車が停まっていました。

Img_2807


カーディーラーのお客様招待イベントなのか 多くのディーラーブースがあります。

Img_2811


サーキットコースでは バイクと車のレースをやっています。

Img_2815


N-ONEのワンメイク レース
殆どノーマルなので、黄色いナンバーが付いています。

Img_2882


スタートしても もの凄く静かで 遅い!
第一コーナーが大混雑です。 こんなレースも身近で面白いよね。

Img_2887


これからは 見て憧れるだけじゃなくて、体験して楽しめるレースが求められるんじゃないかな?



マイク・マルケスのバンク姿のディスプレイ
こんなにバンクしているんだと実感します。 殆ど転倒状態。。。。

Img_2856


実は もう一台用意されていて、”なりきり モトGP”を体験出来ます。
この体制を維持するには 背筋と腹筋が強くないと出来ません。
体重を支えているので、肘擦りするほど 肘を曲げられません。

Img_2846


娘も挑戦。

Img_2853


市販の車やバイクも沢山展示していります。
気になるバイクにも触れることが出来ます。
ここでも 品薄のアフリカツインは人気でした。

Img_2915

Img_2829


N360も今見ると 小さい。

Img_2858


カスタムも置いてあります。

Img_2867

Img_2871


身体障害者用の 足だけで運転する車や
手だけで運転する シミュレーターなどがあります。
娘がシミュレーターをトライ中。

Img_2861



本日のメイン、UNI-CUB試乗
マクラーレンデザインで、#22 バトンのサイン入り

Img_2993

Img_2913

Img_2950

S__5406723


感想が個性的と言われていました。

S__5406724



バイク始動体験というのもありました。
最近の若い人は キックでエンジンをかけたことが無いらしい。。。
娘が挑戦、ケッチンに驚いていた。

Img_2997


抽選に参加したら 特別賞が当たりました。
中身は 年末の感謝祭のペア招待状でした。
アシモの人形の方が良かったな。。。
こうゆう所で運を使ってしまうんだよな。。。

Img_2873



最後に 久々にコレクションホールに行ってきました。

Img_3004_1


Img_3013


市販二輪ブース

Img_3014


歴代アフリカツイン、アフリカツインと言うとこのイメージが強い。

Img_3019


唯一の楕円(長円)4気筒市販車 NR500

Img_3016

Img_3017

Img_3039


自分が乗っていたバイクが。。。
懐かしい。
リトルホンダ P25 モペットでした。 遅かった。。。
坂は ペダルをこがないと登れなかった。。。。

Img_3022


就職してすぐ買った VT250F

Img_3021



四輪車ブース

Img_3027


革命児 バモス ホンダ 当時は軍用車だと思った。。。

Img_3032


自分が現役で乗っている Accord Euro-Rが 飾ってあった。
コレクションホールに飾って貰えるような車だったのか。。。。感激

Img_3033



上から見ると プラモデルのような。。。。

Img_3037


二輪 競技車両ブース

Img_3038_1


GL500のエンジンを横置きした ダートレーサー
凄い 発想。。。

Img_3044



四輪 競技車両ブース 歴代のF1

Img_3051


Img_3054



夕食は 娘と二人でデートでです。
奥さんと最初にデートしたお店に行きました。

Img_3067


Img_3063

Img_3066





| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Accord Euro-R 2000モデル | BMW F800S 2007モデル | BMW R1150R Rockster 2004モデル | HONDA VEZEL RS 2016モデル_ | おすすめサイト | こころに響く | アメリカ National Park | アメリカ WWⅡ Museum | アメリカ 珍道中 | アメリカ 生活事情 | イベント | オークション | グルメ・クッキング | スパーダ VT250('88M)の記録 | スポーツ | ツーリング | デジもの、PC、インターネット | ドライブ、クルマ | ネコさんの 四国 お遍路 すごいぜ! | バイク全般 | ヘルス ケア | ミミとトトの出来事 | メンテナンス | 住まい・インテリア | 大学時代の仲間 | 奥さんのN-ONE 2013モデル | 旅行・地域 | 日本海岸線一周ツーリング | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 登山、ハイキング | 自炊のすすめ | 自然とのふれあい | 観光名所 | 買い物 | 過去所有 TMAX 530 2012モデル | 過去所有 アメリカ ACCORD 2010モデル | 過去所有 アメリカ ACCORD 2013モデル 初代 | 過去所有 アメリカ ACCORD 2013モデル 2代目 | 過去所有 アメリカ RIDGELINE 2008モデル | 過去所有 アメリカ 奥さんのCIVIC 2008モデル 白と黒 | 過去所有 アメリカ 奧さんのCivic Coupe 2012モデル | 過去所有 アメリカ 奧さんのCivic Coupe 2014モデル | 過去所有 アメリカ 奧さんのCR-V 2011モデル | 過去所有 T-MAX 2002モデル | 過去所有 アメリカ Harley Davidson SPORTSTER 883 2002モデル | 過去所有 稲妻丁型 二代目 XB12S 2004モデル | 過去所有 稲妻丁型 初代 XB12Ss 2006モデル | 過去所有したバイク | 関東ふれあいの道 | 駅からハイキング | 高校時代の仲間