« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月23日 (月)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 まとめ

2018年 7月11日から 23日まで 前回 東北編の続きを走ってきました。

前回の終了地点 新潟県新発田市まで行ってから 日本海岸線を南下。
日本海岸線を走りきり、下関を回って 瀬戸内海側を神戸市まで 走って時間切れ。
神戸からは 名神、東名、圏央道を走って帰って来ました。

今回は 2日目に夕立に降られてずぶ濡れになりましたが、
それ以外は 晴天 猛暑の連続で 暑さとの戦いでした。
でも、日本海側で 何回も綺麗な夕陽を見られ、夕陽マニアの自分は 大満足でした。
晴れているのに 景色は 暑さのせいで 靄が出て 綺麗に見られませんでした。
それでも、日本海側の綺麗な海岸線が見られ、大満足でした。
前回に続き、原発に何度も遭遇し、日本の抱える問題を見た気がしました。

走行距離:4061kmkm (オドメーター 22983〜25507mile 2524mile)

ルート概略 1日目〜8日目

20180726_101207

<大きな地図>

ルート概略 9日目〜10日目

20180726_102423

<大きな地図>

ルート概略 11日目〜12日目

20180726_103359

<大きな地図>

ルート概略 13日目

20180726_103820

<大きな地図>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 13日目

13日目
日本海岸線 一周ルート:道の駅 みやま から 神戸 ノエビアスタジアム神戸
自宅への帰還ルート:柳原IC〜西宮IC〜小牧IC〜三ヶ日JCT〜御殿場JCT〜五霞IC〜自治医大駅

全走行距離:852.8km
全走行時間:15:42
全平均燃費:19.3km/L
スタート時間 8:02、ゴール時間 23:44

日本海岸線 一周ルート:道の駅 みやま 〜 柳原IC オドメーター 24977〜25093mile 116mile(187km)
トリップメーター 23.6〜139.6mile
給油1 139.6mile (224.6km)  13.3L ¥2088 @157
燃費1 19.3km/L

日本海岸線 一周 ルート

20180726_105510

日本海岸線 一周 標高

20180726_105534



帰還 高速道 ルート:柳原IC〜阪神高速〜名神高速〜第二東名〜圏央道〜自治医大駅 オドメーター 25093〜25507mile 414mile(666km)
トリップメーター 0.0〜157.4〜134.3〜121.2〜0.6mile
給油2 157.4mile (253.3km)  12.0L ¥2100 @175
燃費2 21.1km/L
給油3 134.3mile (216.1km)  11.3L ¥1989 @176
燃費3 19.1km/L
給油4 121.2mile (195.0km)  9.51L ¥1503 @158
燃費4 20.5km/L

帰還 高速道 ルート

20180726_105601

帰還 高速道 標高

20180726_105627




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 12日目

12日目
アレイからす こじま公園 から 岡山県玉野市 道の駅 みやま 休憩所で宿泊

走行距離:310.7km
走行時間:12:55
燃費: 16.8km/L

オドメーター 24783〜24977mile 194mile
トリップメーター 72.8〜104.8〜138.7〜23.6mile
給油1 104.8mile (168.6km)  10.5L
燃費1 16.1km/L
給油2 138.7mile (223.2km)  12.8L ¥1984 @155
燃費2 17.4km/L
スタート時間 8:30、ゴール時間 21:25


ルート

20180726_105259

標高

20180726_105320




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 11日目

11日目
晴海親水公園 から 広島県呉市 アレイからす こじま公園でキャンプ

走行距離:308.3km
走行時間:15:06
燃費: km/L

オドメーター 24591〜24783mile 192mile
トリップメーター 44.8〜164.5〜72.8mile
給油 164.5mile (264.7km)  15L
燃費 1km/L
スタート時間 6:49、ゴール時間 21:55


大津島 海上移動と島内 ルート

20180726_105049

大津島 海上移動と島内 標高

20180726_105108


ルート

20180726_105142

標高

20180726_105154




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 10日目

10日目
道の駅 ほうほく から 山口県周南市 晴海親水公園でキャンプ

走行距離:217.6km
走行時間:8:29
燃費: 16.2km/L

オドメーター 24455〜24591mile 136mile
トリップメーター 33.0〜123.6〜44.8mile
給油 123.6mile (198.9km)  12.31L
燃費 16.2km/L
スタート時間 7:53、ゴール時間 20:22


ルート

20180726_104941

標高

20180726_104956




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 9日目

9日目
山口県阿武町 から 山口県豊北町 道の駅 ほうほく でキャンプ

今日は見所だらけでした。
まず最初に 世界遺産の恵美須ヶ鼻造船所跡に行きましたが、
発掘途中で 見学施設も出来ていませんでした。
案内板も手作り風で 急遽決まったので間に合っていない感に溢れていました。
他にも観光客が来ていましたが、何を見て良いのか迷っていました。
次に 萩反射炉に行きましたが、幕末の時に この藩が小さい藩なのに先進的だったのが良く分かりました。
今日の目玉の松下村塾に行ってみて、質素で小さい塾が 塾生の手作りだと初めて知りました。
短い間しか開かなかったのに 豊富な人材を輩出したのも 吉田松陰の現場現物主義の勉強熱心、
その知識の中から 見いだした先見性が素晴らしいと思いました。
坂本竜馬も 吉田松陰と武知半平太が居なかったら、思想を固められなかった取ろうと思いました。
萩藩の先見性も松下村塾の影響もあったと感じました。
世の中を見通す教育は 今最も重要だと感じました。

その後も 青海島で 日本海岸の美しさと 駐車場管理をしている有名人 ラッパの正ちゃんとももちゃん
特別に 独楽回しと自転車乗りを個人的に見せて貰いました。 ありがとうございます。

仙崎では 道の駅で美味しい昼食を頂いて、金子みすゞ資料館へ。
金子みすゞのこだまの詩が好きでした。
家庭環境に恵まれず、早死してしまったのが残念です。
自然と生活の中から 豊かな観察力と表現力が伺われました。
作家デビューすることなく、雑誌への投稿のみで ここまで人々の心に残ることになるとは
思っていなかったと思います。
もっと長生きしたら どれだけ多くの作品が生まれたでしょうか?
特に子育ての詩が作れたら 人々の心に残る詩が残ったと思いました。

その後 有名な角島の大橋に行って来ましたが、思ったほど感動しませんでした。
橋が低いのと綺麗に見えるスポットが無いのが原因だと思います。
島の中もそれ程見所が無く、キャンプ場も夕陽が見えそうになかったので、 パス。
橋の袂の駐車場も夕陽が見えそうにないのと 暑いアスファルトの上にテントを張るようになるの、パス。
本州 最西端の道の駅 ほうほくにしました。
その前に 大河内温泉の日帰り温泉まで 温泉に入りに足を伸ばし、
帰りに 海岸線から この旅最後の日本海に落ちる夕陽を見てから 道の駅に戻りました。


走行距離:186.4km
走行時間:11:56
燃費: km/L

オドメーター 24339〜24455mile 116mile
トリップメーター 75.4〜158.5〜33.0mile
給油 158.5mile (255.0km)  L
燃費 km/L
スタート時間 8:34、ゴール時間 20:31


ルート

20180726_104833


標高

20180726_104845




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 8日目

8日目
鳥取県境港市 から 山口県阿武町 道の駅 阿武町でキャンプ

美保が関灯台、水木しげる ロードに資料館、日御崎灯台、出雲大社、大社駅、旧大社駅と見所が多かった。
須佐湾エコロジー キャンプ場に泊まろうと思って行きましたが、事務所の電源が落ちており、
キャンプ場内の電源も落ちていたため、トイレも外灯も点いていない状態だったので、
夕陽だけ見て、道の駅 阿武町に移動。
ここは温泉と温水プールが併設されているので、お風呂に入れると期待していましたが、
水曜日は お風呂が休業! 残念ながら入れませんでした。

ここは港に接しているので、潮騒と漁船の音が響きます。
日本で一番目の道の駅とのことでしたが、建物は新しく建て直してあるので 綺麗でした。
お風呂に入れなかったので、仕方なく ハンディキャップのトイレで 裸になって身体を拭きました。
ここなら 広いし、洗面所もあるので便利です。 更に ここは 洗髪洗面台もあるし、温水も出ました。
頭も洗わせて貰いました。 温泉が閉まっていましたが、少しだけサッパリ出来ました。


走行距離:326.3km
走行時間:11:50
燃費: 17.0km/L

オドメーター 24134〜24339mile 205mile
トリップメーター 66.2〜129.6〜75.2mile
給油 129.6mile (208.5km)  12.30L
燃費 17.0km/L
スタート時間 8:28、ゴール時間 20:18


ルート

20180726_104713_2


標高

20180726_104728




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 7日目

7日目
京都府京丹後市 から 鳥取県境港市 境港公共キャンプ場

本日も見所が沢山。
山陰線 鎧駅、餘部鉄橋跡、因幡の白ウサギ海岸、そして 足立美術館。
足立美術館は 最高の庭でした。 見に行って良かった。
その後の米子の渋滞が辛かった。


走行距離:253.2km
走行時間:11:10
燃費: km/L

オドメーター 23975〜24133〜24134mile 158+1mile
トリップメーター 47.1〜140.0〜65.2〜66.2mile
給油 140.0mile (225.3km)  L
燃費 km/L
スタート時間 7:26、ゴール時間 18:36


ルート

20180726_104613


標高

20180726_104625




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 6日目

6日目
京都府舞鶴市 から 京都府京丹後市 道の駅 くみはま でキャンプ

青葉山麓キャンプ場で 朝に利用費を払いに行ったら、良いですよとのこと。 ありがとうございます。
今日は、溜まった洗濯物をコインランドリーで 洗濯をする間に
舞鶴引揚記念館海軍記念館港巡りの観覧船(舞鶴水交会の自衛官OBが説明してくれます)を巡ってきました。
引揚記念館は 展示内容も分かり易く、シベリア抑留者の引き揚げ指定港だったので、
多くの方がここで日本に上陸したことを知りました。
しかも 大きな船が直づけ出来ない 小さな桟橋で 上陸していたことを知りませんでした。
岸壁の母、岸壁の妻で有名になったところです。
シベリアの収容所と日本で 葉書のやりとりがあったことも意外でした。
白樺日誌も 辛いシベリア生活の中で 良く書いた物です。

この日の気温は高く、街中の温度表示は 37℃を示していました。
風が生暖かく、アスファルトの地面が焦げるようでした。
天橋立に行きましたが、ケーブルカーは 豪雨の影響で運休中で見ることが出来ませんでした。
線路も 土砂崩れで寸断されていましたし、山沿いの道路も 所々 土砂が流れてきていました。
豪雨の影響が少なくなかったことを 丹後半島のGSで聞きました。
この先も通行止めで 迂回路になっていました。

丹後半島の先端、経ヶ岬までの道は圧巻でした。
海に落ちる断崖に道があるのですが、ガードレールの先は 高い崖!
高度感たっぷりで 旭が綺麗に見られそうでしたが、夕陽が見えないのでパス。
今日は 夕陽が綺麗なので、夕陽が見られるところを目指しました。
丹後半島は 綺麗な風景が繋がった 良い場所でした。 もっとゆっくり廻りたかった。

途中の浜で 綺麗な夕陽を見て、
久しぶりに 日帰り温泉 花ゆうみ に浸かって、旅の疲れを癒しました。
お風呂って 生き返りますね。 ここの温泉は 庭も広くて凝っていて、露天風呂の中に人工の滝が流れ、
そのイオンで涼しく浸かっていられます。 良い温泉でした。

寝床は 道の駅 くみはま 道の駅に行く途中で 道を間違え、暗い道でUターンをしている時に 路肩に乗ってしまい、
立ちゴケしてしまいました。
重い荷物を積んでいるので、低速ではフラフラしてしまうし、
重心が高いので、少しでも傾くと支えきれません。
表面的なのは傷だけだったのですが、背中から落ちたので、
背負っていたバックの中で メガネケース2個が潰れてしまいました。
幸い 作ったばかりのメガネが無事だったのは助かりました。

道の駅パーキングスペースでテントを張りましたが、
暑かったので、誰も来ないと思って パンツ1枚で テントを建て、夕食を作っていたら、
ひっきりなしに 人がやってくる。
家族連れの子供に ”寒くないですか? 旅を楽しんで下さい!”と声を掛けられたので、
短パンとTシャツをきました。
どうやら 外灯に群がる昆虫を探しに来ているようです。
夜中の11時まで やって来て 落ち着きませんでした。

10時過ぎに 1台のオフロードバイクがやってきて テントを張り出しました。
同じように寝床を探していたようです。
仲間が出来て少し嬉しくなりました。
しかし、失敗したのは 昼間に太陽にさらされて熱したアスファルトの上にテントを張ったこと。
外では気になりませんが、テントの中で寝ると 下からサウナのような熱気が上がってきて、
暑くて眠れません。 夜中に汗びっしょりでおきてしまう。。。。
屋根の下で テントを張るべきでした。

今日で3連休も終わり、明日から静かな旅が出来そうです。


走行距離:187.4km
走行時間:12:15
燃費: km/L

オドメーター 23858〜23975mile 117mile
トリップメーター 44.2〜113.8〜47.1mile
給油 113.8mile (183.1km)  L
燃費 km/L
スタート時間 8:33、ゴール時間 20:49


ルート

20180726_104517


標高

20180726_104528

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 5日目

5日目
福井県福井市小丹生町 から 京都府舞鶴市 青葉山麓公園 キャンプ場

3連休の中日だったので、快晴も手伝って 海水浴場はどこも満杯でした。
海水浴場の付近の道路は 車で一杯、駐車場待ちの車が溢れていました。
特に 敦賀半島を横断する 県道33号線は 途中から渋滞で動きません。
すり抜けで 先に急ぐと 水晶浜海水浴場の駐車場待ちの車が 道を塞いでいました。
すり抜け出来ない狭い公道で 堂々と駐車場待ちをして 何キロも状態を引き落としているモラルを疑います。
駐車場に入れないなら 他を探すなり、道を開けなければ。。。。
海水浴場の駐車場は すぐに空くわけ無いのだから。

若狭湾に着き出す半島や岬の先には 決まって 原発が建っていました。
お陰で 寒村なのに道が立派で走り易かったのですが、
自然豊かな 魚が豊富な地なのに 事故があった福島を見ている自分には
原発稼働に疑問を感じます。
本当に原発が多い。


走行距離:276.6km
走行時間:9:14
燃費: 15.9km/L

オドメーター 23684〜23858mile 174mile
トリップメーター 13,8〜143.5〜44.2mile
給油 143.5mile (230.9km)  14.50L
燃費 15.9km/L
スタート時間 8:21、ゴール時間 17:35

R1150RRは通常でも 1000kmで 1.0L位のオイルを消費してしまうので、
ロングツーリングでは 1000kmを目安に オイルの補充が必要になります。
オートバックス 敦賀にて エンジンオイル補充 23740mile 757mile(1218km) 1.0L追加


ルート

20180726_104415


標高

20180726_104432




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 4日目

4日目
石川県輪島市 道の駅 千枚田 から 福井県福井市小丹生町 私設 渚キャンプ場(弁慶の洗濯岩の先)

千枚田で手作りのお土産露店をやっている 千枚田のばあばと会話、可愛いばあちゃんでした。
ばあちゃんから ”減反政策で荒廃した千枚田を復活させてくれたのが、
愛知の安城東高校の生徒が草刈りしてくれたから、安城東高校の生徒には感謝している” と話してくれました。

記事
今まで一番耕作放棄が進んだ年というのは昭和 50 年ごろですね。
約4割も草地になっていました。その時に愛知県の安城東高校の生徒たちが、
能登一周の修学旅行で千枚田に来られて、この景色を見たとき、
見るに堪えない状況だったと思うんですけれど、
もうその時には輪島市の文化財となっていたんですね。
千枚田を守るため、何か手助けをしたいと昭和 57 年から10 年間ですね、
毎年約 450 人の生徒さんたちが修学旅行の一環として、
千枚田の草を鎌で刈ってくれたんです。
それがきっかけになって、他県の生徒達も頑張ってくれているので、
私らも頑張らないかんということで 田んぼに還そうと気運が盛り上がって、
地元の市役所、農協、会社等がボランティアで復田に取り組み、今の棚田になりました。

小さい記念碑がありましたが、このことは知りませんでした。 
全国の千枚田も同じ状況ですので、多くが復活出来ればと思います。

輪島の朝市も賑わいがあり、魚が安い! 海鮮丼を食べたかったが 炭火で焼ける場所があったので、
干物と生エビを買って 早速焼いて食べました。 とっても美味しかった。

能登半島の西海岸は 断崖絶壁が多く、見所が沢山あり、走っていてもとても楽しかった。

千里浜 なぎさドライブウェイは 濡れた砂の上はしっかりしているので、
サイドスタンドでもめり込まないのに、
満潮だったためか 濡れた砂の走行出来る幅が狭く、
南行は 時々 狭くなった浜の乾いた砂の上を走る場所がありましたが、
これが 大変だった! ハンドルは取られ、リアの駆動輪は暴れて、思ったように走れない。
何度も転倒や対向車との衝突を覚悟した場所がありました。
二輪で行くなら 北行なら 乾いた砂浜を走ることが無いので、そちらをお勧めします。

今日は 3連休の初日で快晴の3日間なので、海水浴客がもの凄く多かった。
鮎川園地キャンプ場で泊まろうと思っていましたが、行ってビックリ!
ここまで混んでいるキャンプ場は見たことがありません。
キャンプ場の所狭しと並ぶテント! 立錐の余地がありません。
駐車場も車が溢れかえり、車道まで停めている状態。
一度入ったら出られそうにありません。
これなら ポケットパークの方が良いと思い、先に探しに出ました。
公園があってもトイレがない場所ばかりでしたが、地図に出ていないキャンプ場を発見。
個人が設定している 渚キャンプ場を見つけ、所有者と交渉しましたが、
明日の予約があるので 空いてないというので、明日の朝早く出ることを前提に入れて貰いました。
ここから 日本海に沈む夕陽の真っ正面! 綺麗な夕陽を見ることが出来ました。


走行距離:251.5km
走行時間:11:17
燃費: km/L

オドメーター 23525〜23684mile 159mile
トリップメーター 94.8〜103.3〜136.8〜13.8mile
給油 1回目 103.3mile (166.2km)  10.81L、 2回目 136.8mile(220.1km)
燃費 1回目 15.4km/L、 2回目 km/L
スタート時間 7:23、ゴール時間 18:40


ルート

20180726_104305


標高

20180726_104321




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 3日目

3日目
石川県能登島勝尾崎 から 石川県輪島市 道の駅 千枚田 休憩室で野宿

能登島を一周してから 能登半島を巡りました。
晴天で 気持ち良く走れました。 
千枚田の夕陽が綺麗でした。
千枚田の休憩所は 24時間開いているので、食事は外のテーブル
就寝は休憩所を使わせて貰いました。 でも、室内は暑かった!

走行距離:222.4km
走行時間:8:45
燃費: km/L

オドメーター 23386〜23525mile 139mile
トリップメーター 118.8〜162.7〜94.7mile
給油 162.7mile (261.8km)  L
燃費 km/L
スタート時間 9:37、ゴール時間 18:22


ルート

20180726_104200


標高

20180726_104220




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 2日目

2日目
新潟県出雲崎町 から 石川県七尾市 勝尾崎自然教育こどもキャンプ場

富山県射水市のバイパス走行中に ついに夕立に遭い、カッパを着る暇が無く ズブ濡れ。。。
そのまま走って乾かすことにして、休憩を取らずに 能登島近辺で キャンプ場探し。
濡れてしまったので、どうしてもシャワーを浴びたかった。
七尾の道の駅 能登食祭市場は 街中で泊まれない、
キャンプ場を探すが、オートキャンプで高い!
能登島家族旅行村 Weランドを目指しましたが、すでに時間オーバーで入村出来ませんでした。
道の駅 のとじま で泊まることにして、日帰り温泉 ひょこり温泉 島ノ湯に行きましたが、
なんとメンテナンスで休業中。 再びキャンプ場を探すことに。
やっとのことで 勝尾崎自然教育こどもキャンプ場に到着、ギリギリで入村手続きが出来ました。
無事にシャワーを浴びることが出来ましたし、直火 焚き火も可能! 
薪も使い放題でしたが、食事を作るのに時間が掛かり 焚き火は諦めました。

走行距離:296.9km
走行時間:10:01
燃費: 17.1km/L

オドメーター 23201〜23386mile 185mile
トリップメーター 76.6〜142.2〜118.8mile
給油 142.2mile (228.8km)  13.40L
燃費 17.1km/L
スタート時間 8:49、ゴール時間 18:50


ルート

20180726_104103


標高

20180726_104118




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 1日目

1日目
自治医大 から 新潟県出雲崎町 道の駅 出雲崎 天領の里でキャンプ

会津を通って、前回の最終地点、新発田市まで戻ってから、海岸線一週の旅の続きをスタート。

走行距離:316.8km
走行時間:8:40
燃費: 16.4km/L

オドメーター 22983〜23201mile 218mile
トリップメーター 0.7〜143.0〜76.6mile
給油 143.0mile (230.0km)  14.00L
燃費 16.4km/L
スタート時間 10:24、ゴール時間 19:04


ルート

20180726_103948


標高

20180726_104007




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

日本海岸線一周ツーリング 北陸・中国編 準備編

前回からの変更点

東北ツーリングの時は テントが雨に弱く、テント内に雨水が浸入してしまうために、装備が濡れてしまった。
10年以上前のサウスフィールドは防水性を確保できていないようなので、
信頼性の高く、無理な軽量化のために テント生地を薄くしていない ダンロップ製VS20 2人用を購入。
グランドシートも購入し、水進入に備えます。

シュラフもナンガでより水に強い UDD 280DXを購入。
前回は テーブルと椅子を忘れたため 食事に苦労したので、
今回は忘れずに持って行きます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

群馬県みどり市 バラクボ橋 キャンプ 4回目

今回も 4人で バラクボ橋にキャンプに行って来ました。

今までとは打って変わり、夏のキャンプ、平地に比べると涼しいですが、
今までよりは暑くなっています。 昼間の陽射しは暑いくらい。
そのせいか 岩魚は今までより出てこなかったそうで 釣果が少なかった。

虫も多くて 今回は 何カ所か刺されてしまいました。
次回から虫除けは必須です。

今回は食事当番なので、事前にメニューを検討し、
買い出しや食材の野菜を依頼をして 日頃の腕前を皆さんに披露しました。

おつまみに 海鮮アヒージョ、茄子のしょうが焼き、焼き茄子漬し
夕飯に 親子丼、麻婆茄子
朝飯に スパゲティ ペペロンチーノ、キャベツのコンソメスープ
昼食に キャベツの玉子とじ、餃子

今までのキャンプとは一風変わったメニューでした。


キャンプ場所までのルート図
(庚申山の登山口で Garminのスイッチを入れ忘れたので、途中までが未入力になりました)

20180701_231936


標高

20180701_231945




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »