« 駅からハイキング 佐野 | トップページ | 茨城 マス ツーリングに参加 »

2015年4月25日 (土)

駅からハイキング 日光

今回は 観光地の駅からハイキングなので、東武線で出かけてきました。

しかし、今回は 東武鉄道共同開催と言うのを 意識していなかったので、大変な目に遭いました。
東武鉄道の東部健康ハイキングは JR東日本の駅からハイキングより 歴史があり、
参加人数も桁違いに多い事を後から知りました。

1時間に1本しかない、新栃木駅から 日光行きの列車に乗ろうとしたら、2両の直通列車は、
すでに通勤ラッシュ並みの混雑で 乗れない状態。
連結されている新藤原行きに移動して飛び乗りました。
その車両も後から乗ってくる人も多くて、ラッシュ並みの混雑です。
下今市から日光行きの臨時が出ており乗り換えましたが、2両の短い列車はすぐにラッシュ並みの混雑になりました。
ようやく東部日光に着きましたが、そこから 駅からハイキングの受付のバスターミナルまでの長い行列が続きました。
何故か いつもの駅からハイキングとは違うマナーの悪さに辟易しながら、受付を受けました。
そこで初めて 東部健康ハイキングの参加者が多く、マナーも悪いことを知りました。
とにかく、無茶して車道を歩いて追い越す、きちんと並ばない、横に広がって歩く、
ゆっくりペースなのに道を譲らない、等々 マナーの良くない方々を極力追い抜くように頑張って早足で山道を歩きました。

しかし、コースは観光ガイドブックに載っていないような場所を巡れたので、
新たな発見もあり、結構な見所もあって楽しめました。
二荒産神社で 結婚式を迎えている新郎新婦に出会って お祝いしたり、
外国人観光客に羊羹の説明をしたりと色々ありました。

お土産に鬼平の水ようかんを買って帰りました。

帰りの列車も2両編成で、乗り切れないお客を出すほどの混雑でした。
下今市からは特急に乗って帰りました。
毎年1000名規模の参加者があることを知っているのに、
東部鉄道は 普通の増発より、特急への誘導を考慮しているようで、
普通の増発や増両をしないで、なるべく特急に乗るように仕向けているようでした。
特急は空いていて快適でしたので。
でも、健康ハイキングに来る人たちの財布の紐は固いので、特急に乗ることはないと思います。

20150425_203328

20150425_203406

20150425_203432

|

« 駅からハイキング 佐野 | トップページ | 茨城 マス ツーリングに参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193070/61514997

この記事へのトラックバック一覧です: 駅からハイキング 日光:

« 駅からハイキング 佐野 | トップページ | 茨城 マス ツーリングに参加 »