« 友人夫婦をお見送り後の 美味しいラーメン | トップページ | バイク用 携帯コンプレッサー購入 »

2013年10月27日 (日)

Angeles Forest Hwy (CA-2) ツーリングでパンク!

本来は 土曜日に行く予定でしたが、朝からの霧が濃かったので 日曜日に変更したのに
やはり霧が出てしまいました。

Img_1627

Img_1617


仕方なく、霧の中を出発しましたが、小山から下のフリーウェイに降りるまでは
霧中走行になり、前が見えないワインディングをゆっくり走り降りました。
やはり 降りると曇り空の下に出られましたが、気温が低く寒くてたまりませんでしたが、
CA-2の入口まで行くと 思った通り、雲も晴れ気持ち良い青空が広がっていました。

Img_1636


CA-2の入口で 外気温が低くて、着込みました。

Img_1641


綺麗な青空に 綺麗な山並み、心が躍ります。

Img_1653


トヨタのScion FR-Sが ランデブー走行していました。 結構速くて、追いつくのが大変でした。

Img_1673


Img_1684


雪が北側斜面に残っています。 10月の初旬に降った雨が山では雪だったようです。

Img_1688


Img_1694


ところどころに落石が落ちているので、安心出来ません。

Img_1745



気持ち良く、ライディングしていたのですが、C地点で コーナーリング中に
リアがスライドした嫌な感じがしたので、慌ててアクセルを緩めて、
砂にでも乗ったかと思ったので、次のコーナーには慎重に入ると よりスライドして、
パンクだと気が付きました。
コーナーの出口の道路脇に停めて、後輪を確認しましたが、釘など刺さっていません。
タイヤのトレッドを何度見ても 穴も見つかりません。
しかし、タイヤはすでにペチャンコです。

Img_1755

Img_1758

通常のパンクなら、チューブレスでは急激に空気は漏れないのですが、
今回は 急に漏れ出したので、バーストかとも思いましたが、何も見当たりません。

Img_1762


BMW 標準Tool パンク修理キット

Img_1759


取り敢えず 空気だけは入れてみようと、
CO2ガスボンベからエアを入れましたが、一瞬は膨らみますが、すぐに萎んでしまいます。
1本目では 空気が入っても パンク箇所は分かりませんでした。
2本目を入れても 分かりませんでした。
3本目で最後なので、暫くはこのままで走ろうと思いましたが、
次のコーナーで 曲がれず、危ないので 最後の1本も入れました。
勿論、すぐに空気は抜けてしまい、役に立ちませんでした。
つくづく コンプレッサーが必要だと実感しました。

Img_1760


こんな景色の良い場所なのに。。。
NAVIで確認すると 7.2mile先に ガソリンスタンドがあるので、
そこまで パンクのまま、徐行して向かうことにしました。

Img_1763


パンク状態で走行中に見かけた 雪を被った山。

Img_1769


パンクした後輪で ワインディングの下り坂を走るのは 並大抵ではありません。
本当に 徐行しながら ゆっくりと 横Gも前後Gも掛けないように 慎重に走りました。
何台もの車に先を譲りながら、ゆっくり走りきり、
ガソリンスタンドが見えた時は嬉しくなりました。 救われた思いです。

Img_1773


ガソリンスタンドで 空気入れの料金を払おうとしたら、
レジの兄ちゃんが”フリーで良いよ”と嬉しいお言葉。
早速、空気を入れると 勢いよく、空気が漏れる音が。。。
やっとパンク箇所を見つけることが出来ました。
鋭利な物が刺さって すぐに抜けたようで、釘が刺さったままでは無いので、
チューブレスでも刃物が抜けてしまったので、空気がすぐに抜けた原因が分かりました。
刃物のようなので、空気が抜けると穴はすぐに塞げって分からなくなってしまいます。
路上じゃ見つからないわけです。

Img_1777


場所が分かれば、すぐに修理開始。 まずは穴を綺麗に掃除。

Img_1778


ゴムキットに接着剤を塗して。

Img_1779


パンク穴に差し込み。

Img_1785


はみ出し部分をカッターで除去。

Img_1791


再び、レジの兄ちゃんに空気入れのスイッチを只で入れて貰い、空気を入れると
見事に復活してくれました。
長距離のパンク走行でも ダメージが無かったようで、助かりました。

Img_1792


今日は このパンクで戦意喪失、大人しく家に帰ることに。。。
ガソリンを補充して、さあ出発。

Img_1795


この山々の北側を走ってきました。

Img_1823



帰りに I-605を走っていたら、反対側車線を もの凄い台数のバイクグループとすれ違いました。
何かの集まりの後の走行会のようで、延々と続く1000台規模のバイクに圧倒されました。
延々と続いていました。
間に挟まった車は嫌だったでしょうねえ。 廻りをバイクに固められると。

Img_1827

Img_1835


無事に家の近くに着いたので、走り足りない分を海岸線まで走ってきました。

Img_1844


無事に家に到着。 よく、人里離れた山中でパンクしたのに帰ってこられました。

Img_1859


パンク修理跡も 問題無いようで 安心しました。

Img_1864




View Larger Map

A地点:Rancho Palos Verdes 8:40発  odometer:12,572mile
B地点:CA-2 入口 区間距離 39.6mile 着 9:23 発 9:29
C地点:CA-2 路上 区間距離 53.6mile 着 10:32 発 11:04 パンク修理
CからD地点まで パンク状態で徐行走行
D地点:White Wood GS 区間距離 7.8mile 着 11:17 発 11:46 パンク修理完了
    給油:112.0mile 3.20g 91@3.899$/g $12.49 燃費:35.0mpg(14.8km/l)
E地点:Lomita GS  区間距離 96.0mile 着 13:12 発 13:17
    給油:96.0mile 2.02g 91@3.759$/g $7.60 燃費:47.5mpg(20.1km/l)
F地点:Rancho Palos Verdes 区間距離 11.0mile 着 13:35
    odometer:12,780mile

走行距離:208マイル(333km)
走行時間:4時間55分
平均燃費:39.8mpg(16.8km/l)
最高標高:7,869ft (2,400m)



|

« 友人夫婦をお見送り後の 美味しいラーメン | トップページ | バイク用 携帯コンプレッサー購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193070/58496091

この記事へのトラックバック一覧です: Angeles Forest Hwy (CA-2) ツーリングでパンク!:

« 友人夫婦をお見送り後の 美味しいラーメン | トップページ | バイク用 携帯コンプレッサー購入 »