« YAMAHA サウンド プロジェクター | トップページ | 夏のドライブ計画 ウェストコーストの制覇 »

2013年6月17日 (月)

LA Motorcycle License 事情

アメリカでは 各州が独立して自治権を持っているので、州毎にローカル ルールが設定されており、
州を跨ぐ 引っ越しをすると 引っ越し先で 新たに免許証を取得することが 義務付けられています。
実技は 前の州の実績があるので 免除されるのですが、筆記試験は必須です。

LAでは 車の試験問題は 沢山情報が出ているし、日本語で対応してくれるので、
勉強も日本語で出来るのですが、モーターサイクルは 誰も情報を知りませんでした。
(ネットで 探せばあったのに 気が付きませんでした。)
従って、車の勉強だけして、モーターサイクルは オハイオの時の経験で
どうにかなるだろうと高をくくっていました。

ドライバー ライセンスや車の登録を扱っている DMVは非常に混んでいるので、
予約は必須と言われていました。
家が決まり、住所が確定して予約を入れると 6月17日 PM2:00に夫婦で予約が取れました。

前日に 車の免許証の勉強だけして、TorranceのDMVに望みました。

Img_0003


実技テストを待つ車の列

Img_0005


予約時間に遅れて 受付に行くと 予約無しで並ぶ 長い列の横に
赤いカーペットのリザーブの列に並び、すぐに受付になりました。

Img_0002


受付で 予約の時間と名字を聞かれ、パスポートを要求されたのですが。。。
パスポートを持ってくるのを忘れていました。
一応 駄目もとで、”家に取りに戻って良いか?”と聞いたら、”何分ぐらい”と聞かれて、
”30分くらい”と言うと ”OK”と答えを貰ったので、夫婦で急いで取りに戻りました。

DMVに戻って、先ほどの受付の女性に パスポートを見せると 笑顔で整理券と申し込み用紙をくれました。
申し込みを記入して 整理券で申請書の順番待ちをしていると、多くの人が順番待ちをしており、
40-50人が 窓口から呼ばれるのを待ってます。
30分位すると 先に奧さんが呼ばれ、窓口に、暫くして自分も呼ばれ、別の窓口に。
ここで、右親指の指紋を採られ、申し込み用紙の内容を 正式申請書にタイプされ、
その用紙の内容が、ライセンスに書かれる内容になります。
そして、申し込む免許の種類の確認とテストの内容を聞かれます。
車は迷わず日本語でお願いしますが、モーターサイクルは 英語の試験敷かないとのこと。
仕方ないので、英語の試験を申し込み、手数料の$32を支払います。
パスポートで 本籍や氏名、生年月日、VisaとI-94で滞在許可の期間が分かるのですが、
不思議なのが 住所を証明する書類が不要なこと。
LAに住んでいることを証明しなくても、LAの免許証を発行するのが不思議です。

次が 写真撮影ですが、窓口カウンターの一角で、廻りに待っている人に常に見られていて、
ちょっと気恥ずかしいです。
眼鏡を外して、スマイルと言われますが、日本人は笑えないですね。
写真を撮る前に 電子サインをするのですが、これがライセンスに書かれるサインになります。

次に いよいよ 筆記試験の受付ですが、テストしているのが カウンターの横にあるコーナー。
選挙の投票場の様に 仕切りがある机に立って向かうコーナーが10カ所ぐらいあります。
身体が不自由な方用に 長机と椅子が用意されていますが、仕切りが無く 隣の人の答案が丸見え。
奧さんと 受付の順番待ちの時に 勉強したルールの確認をしていたら、
受付の人に”静かに”と注意を受けてしまいました。

受付でテストを受け取ると 奧さんは車だけなので、一般法規と標識の日本語テストのみ。
自分のは それにモーターサイクルの英語の試験が追加になるのに 試験時間は同じ1時間はおかしくないか?
チラッと見たら 試験問題は違うようです。

一般法規と標識は 勉強の成果で 殆ど迷わず出来たのですが、モーターサイクルが難題です。
英語は 辞書で何とか分かるのですが、問題の答えが分からないんです。
3択なのですが、一般的に正解と思う回答が2つ以上あるのです。
どの答えが カリフォルニアのルールなのか分かりません。  独自ルールありすぎです。

結局、時間切れで 回答を受付に持って行くと、
先に終わった奧さんが 両方のテストにパスして、仮免許を受け取っていました。
自分も一般法規と標識は満点で車はパスしたのですが、モーターサイクルは 25問中
4つまでの誤答ならパスするのですが、結果は 8つの間違いで再テストになりました。

1回の申請で、3回までチャンスがあるので、あと2回のテストを受けるチャンスがあります。
受付の親切なおじさんが これから受けるかと聞かれましたが、心の余裕がありません。
次に期待で 再挑戦です。

|

« YAMAHA サウンド プロジェクター | トップページ | 夏のドライブ計画 ウェストコーストの制覇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193070/57887099

この記事へのトラックバック一覧です: LA Motorcycle License 事情:

« YAMAHA サウンド プロジェクター | トップページ | 夏のドライブ計画 ウェストコーストの制覇 »