« 今週の食事 3 | トップページ | オハイオ南部 州道巡り ツーリング »

2012年5月 3日 (木)

シカゴ オヘア空港での悲劇

今回も アメリカでのフライト関連でのトラブルに合いました。
でも、とっても親切なカウンター係員に助けられました。

昨日は 夜中の春雷が去るのを待って、AM5:00に家を出て、ロスに出張に行きました。
ロスでの仕事が終わったのが PM10:00(Ohioの夜の1:00)。
帰る間際にメールをチェックしたら、資料の修正依頼が 今日の15時期限で来ていました。

昨日は 朝早くから夜遅くまで仕事で、その後 夕食(夜食?)を兼ねた居酒屋に行ったので、
ホテルに帰ったら 寝るだけでした。

朝、6:00にホテルから ロスの空港に向かい、
ロスからシカゴのフライト中に資料の修正をして、
シカゴのラウンジから送信することにしました。

しかし、シカゴの乗り継ぎ時間がなくて、搭乗開始が2:40なのに
ラウンジに入ったのが2:20
”ラウンジの受付で 短いけど入るの?”と聞かれたが、
元気に”イエス”と言って入りました。

まず、シカゴで受け取ったメールで至急の資料送付を依頼されたので、
先にそちらのメールを送信しましたが、10分経過。。。。送り終わらない。。。
ラウンジのネットの回線速度がめちゃ遅い。。。。
トイレに行って、帰って来たらやっと終わってました。

次に昨晩依頼された資料修正のメールを2:35に送ったのに砂時計は回りぱなし。
資料が重すぎる。。。。
やきもちしながら、2:55まで待ったけど、送り終わらなかったので、
送信を諦めてゲートに向かいました。

しかし、ゲートのドアは閉まっていました。。。。。 もう搭乗が終わっていたのです。
大急ぎでゲートのカウンターでチケットを見せようとしたら、
出てきたチケットは ロス−シカゴ間、チケットはポケットに入っていなかった。
どうやらメールの送信待ちの時に 搭乗時間を確認したので、
ラウンジのカウンターの上に置き忘れた模様。

ゲートのカウンターで”コロンバスに行くのだけどチケットをロストした”と言ったら、
冷静に名前を聞かれたので、ロスからシカゴまでのチケットを見せたら、
にっこりしながら顧客リストを確認してくれて、
”パスポートを見せて”と言われてもパニックっていて、”持ってない”と答えてしまった。
よくよく考えたら本人確認かと思い、ドライバーライセンスを出したら、
ニッコリとしながらチケットをくれ、更にドアを開けてくれた。
”良い旅を”と声を掛けられて ”ありがとう”と言って 搭乗口に向かいました。

飛行機まで駆けて行くと小型飛行機なので、機内に手荷物持ち込めません。
搭乗口で預けて、到着したら受け取るシステムなのですが、
手荷物を受け取る係員が最後の荷物を持ってドアから外に出ていってしまった。
大急ぎでドアに向かい、扉を叩いて呼び戻して荷物を受け取ってもらった。

幸い飛行機のドアは閉まっていなかったので、そのまま乗り込めました。

今回も危機一髪でしたが、無事に難局を乗り越えられました。

遅れなかったメールは コロンバス空港に着いてから、
フードコートから送りましたが、やっぱり25分以上掛かりました。
重いメールを送る時は 注意しましょう。


上空から見た シカゴ オヘア空港 でっかい空港です。

Img_0258


シカゴからコロンバスに向かう飛行機は 小さな鉛筆のような小型機

Img_0283


最後に乗り込んで、パチリと写しました。
乗り込んだらすぐに 扉が締まりました。 間一髪でした。

Img_0281


でも、チケットを無くしても どうにかなるんだと 教訓を得たフライトでした。


|

« 今週の食事 3 | トップページ | オハイオ南部 州道巡り ツーリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193070/54627809

この記事へのトラックバック一覧です: シカゴ オヘア空港での悲劇:

« 今週の食事 3 | トップページ | オハイオ南部 州道巡り ツーリング »