« 夏のシアトル ドライブ 10日目 | トップページ | 調子に乗る Student Driver »

2010年7月 4日 (日)

北太平洋岸 クラムチャウダー列伝

今回の食は かなり充実していました。
飛び込みで入ったお店も美味しかったし、予想外に大満足!

むかし、車のコマーシャルで NYからメーン州まで車で走って クラムチャウダーを食べるシーンがあったけど、こちらは2800マイル走って クラムチャウダーを食べに来たんだから意気込みが違うよ!

シアトルでも美味しいクラムチャウダーを食べました。
最初に食べたのが、埠頭にある飾り気のないシーフード Crab Pot Seafood Restaurant のクラムチャウダー!
ちょっとクリームスープが濃厚で、貝が美味しくて、ガツガツ食べてしまいました。
ボストンで食べたより美味しくて 全米 No.1だと思いましたが、
これはすぐに打ち消されてしまいます。


シアトルの南部にある タコマでも 海の上に作られたレストラン
シアトルで有名なチャウダーのお店 Dukes

噂通りの濃厚な味と胡椒が効いた キリッとした感じのクリームチャウダーで 具もたっぷりと言った感じで、トローりとしたスープでした。
作り込まれた味は 印象に残り、やっぱり好みもあるけど、ココが一番かと思いました。


しかし、Newportで 夜遅くなり、開いている店がない中で見つけた
24時間営業の食堂みたいなレストラン Newport Cafe で クラムチャウダーを頼んだら、
あっさりしたクリーム風で 自分の舌に良く馴染む。
昨日まで食べたのがお店専用の印象に残る味を意識した味付けなのに、
こちらは 日本で言う お袋が作った味噌汁の様な感じ。
毎日食べても飽きなさそうな スッキリ味、でも貝のダシ味はしっかり付いている。
きっと、港町なので 安くて新鮮な貝を使えるので、匂いを消すような香辛料が
使われていない、あっさりした素朴な味でした。
これが お袋の味なんだろうなあ。。。。と思ってしまいました。
又飲みたいと思っていたら。。。。


最後に思ってもいなかったのに、印象に残った クラムチャウダー食べられました。

アクシデントで タイヤ交換している時に 食べに行った Newportの地元のレストラン Newport Steak and Seafood で食べたクラムチャウダー。

タイヤショップの近くに あった ごく普通な外見のレストラン。
地元の漁師や老夫婦、家族連れが食べに来ているようでしたが、
隣の席で食べていた クラムチャウダーが美味しそうで 追加で頼んでしまいました。
これがまた絶品なんですよ。
昨日と同じで おふくろ味風になっており、これまた 入っている貝やその他の海産物も
新鮮で美味しくて、昨日より更にダシが出ている感じた料理でした。

大きめのどんぶりのようなボールできましたが、お約束で必ず溢れるいます。
溢れるほど入れてきたと言うアピールみたいです。

今回のNo.1クリームチャウダーだと感じました。

 

|

« 夏のシアトル ドライブ 10日目 | トップページ | 調子に乗る Student Driver »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193070/48851160

この記事へのトラックバック一覧です: 北太平洋岸 クラムチャウダー列伝:

« 夏のシアトル ドライブ 10日目 | トップページ | 調子に乗る Student Driver »