« 芝刈り 白い羽根の正体は? | トップページ | 寄付のお返し »

2010年5月 1日 (土)

BMW R1150R バッテリー交換 その2

先週、バッテリー交換が中途半端で終わってしまった メンテナンスの続きの作業をしました。


先週の最終状態。。。。

Img_2307


先週買ったバッテリー、しかし 問題が。。。。

Img_2074_2


このターミナルボルトが穴が小さくて通らない。。。

Img_2336


プラス側は ボルトを細いのに交換すれば どうにかなるのですが。。。
マイナス側は ターミナルにボルトが圧着されているので、ボルトが交換出来ません。

Img_2337


仕方ないので、ターミナルの穴が大きい(この時は高いバッテリーを買うしかないと諦めていた)
Batteries Plusで ターミナルの穴が小さくて入らないと バッテリーとボルトを持って行って、ジェスチャーで説明。
店員は すぐさま 理解してくれて、最初の行動は 小さいボルトを渡してくれました。。。。
まあ、対応としては間違っていないが、必死に マイナス側はボルトが溶接されていて、交換が出来ないと説明すると PCで適用バッテリーを検索しだした。
すでに検索しているので、結果は知っていたので、高いバッテリーを買う覚悟をしていたら、”在庫がない!”とのこと。
こういう場合、いつ頃届くかは 全く当てにならないのを知っているので、オーダーしていつまでも待つ気はないので、”店の在庫の中で近いサイズを探してくれ”と頼むと ちょっと高いバッテリーを持ってきて サイズを比べると 幅が大きすぎ。。。。
それじゃあと ”ターミナルの穴を大きくしてくれ”とジェスチャーで頼むと、
”装置がないから出来ない”とのつれない返事。。。。
仕方なく、”自分で大きくする”と捨て台詞を言って 店を出ました。


次に向かったのが Sears Hardware Stores
ここで電動ドリルを買うことに。
買ったのが Craftsman 19.2-volt C3 Cordless Drill/Driver $59.99

最初に $39.99で展示してあるのを見つけ、横に積んであった箱を持って レジに行ったのですが、
展示品には バッテリーが付いていなかった。。。。
持っている箱は バッテリーが入っている割に軽い。。。。

レジのお姉さんに ”バッテリーは付いている?”と聞いたら やたら箱の説明を読み込んで、結論はバッテリーは別売りとのこと。

じゃあ ”バッテリー付きを探してくる”と箱を戻しました。
オプションのバッテリー売り場を見たら、バッテリーは$80〜120とのこと!
間違えて買わなくて良かった。。。。

次に このバッテリー付きとドリルの刃を無事に買えました。

Img_2338

Img_2341


何故別売りになっているかというと、ドリルだけじゃなくて、丸鋸とかグランダーも買うと、同じバッテリが増えてしまい、非効率だと言うことで、バッテリーをすでに持っている人の為に バッテリーレスモデルを売っているそうです。


ドリルの刃は 全てインチサイズのみ。。。。仕方なくインチを買いました。
レジのお姉さんは 商売上手で ”お店の独自の保証に入らないか?”と。。。
値段は $9で2年間 保証が延長されるとのこと。
”バッテリーのトラブルの時に役に立つよ”と言われ、先ほどのバッテリープライスが頭をよぎり、いつの間にか ”Yes”と答えていました。。。。
ドリルと刃とTaxだけで、$90近くになりました。。。。思わぬ出費に頭が痛いです。。。


この後、店を出る時に 声を掛けられ、寄付をしました


家に帰って、早々に作業に入ります。
バッテリーターミナルの穴を6mm以上に広げます。

Img_2342

ちゃんと M6のボルトが通りました。 良かった。。。。。

Img_2345

マイナス側もサクサクと穴を広げます。

Img_2346


今度は ちゃんと ターミナルを繋げられました。。。。時間が掛かった。。。。
しかし、プラスのターミナルカバーが付きません。
仕方ないので 外側の1個だけ嵌め込み気味で穴を開けました。
中央よりは 穴を開けられるスペースが無く、差し込むことを諦めて、ピンを一本削りました。

Img_2353

廻らないように ビニールテープで固定。

Img_2357


バッテリーの容量は 19Aから18Aに下がったので、高さが足りません。
仕方なく、パッキンに使う発泡材を丸めて押し込みました。

Img_2358


タンクを取り付けると 妙に後ろ側が浮き上がります。
何かと思って、タンク後端から覗くと 先ほどのバッテリー用発泡材の緩衝材が高すぎて引っかかっていました。

まあ、これだけ押さえつけられていれば バッテリーが動くことはあるまいと安心しました。

Img_2362


ここまで来たら、あとは外したのを付けていきます。

キーを ひねるとやっと メーターの時計が点きました。
バッテリーの交換は 3933マイル時点。

Img_2363


さあ、タンクに バクスターのカバーを取り付けます。
全部で9本のバンドで とまっていますが、通すのが大変でした。

Img_2366


次にタンクを固定している 後ろのボルトを締めます。

Img_2378


次に オイルクーラーを取り付けます。

Img_2372


そしてカバーを取り付けます。
上側のグロメットに差し込んで 下側のボルトでとめます。

Img_2376

Img_2377


クイックコネクターとタンク後方の空気抜きパイプとドレンパイプを繋ぎます。

Img_2379

Img_2381


フューエル ポンプのコネクターを繋ぎます。

Img_2380


カバーを取り付けて、

Img_2382


シートカウルのボルトを締め込みます。

Img_2383


シートを取り付けて 作業完了!
見事に元気よくセルが回り、エンジンが掛かりました。 う〜ん達成感あり!

Img_2056


家の回りを試乗してみると、久しぶりに軽快な感じが戻ってきました。
さあ、来週に日帰りツーリングに向かいますか!


ガレージに帰ってきて、バッテリーテンダーを繋いで充電を開始。

Img_2384


これで、次回までに快調になるでしょう。

さあ、来週は いよいよ オイルとプラグの交換だ!


|

« 芝刈り 白い羽根の正体は? | トップページ | 寄付のお返し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193070/48284576

この記事へのトラックバック一覧です: BMW R1150R バッテリー交換 その2:

« 芝刈り 白い羽根の正体は? | トップページ | 寄付のお返し »