« クリスマス グランドサークル ドライブ 6日目 | トップページ | クリスマス グランドサークル ドライブ 8日目 »

2009年12月29日 (火)

クリスマス グランドサークル ドライブ 7日目

旅行中に付き、暫定の速報版です。 後日、暇があれば 正式版にバージョンアッップ予定です。
しかし、過去の旅行記も バージョンアップされた試しが無いので、期待はしないで下さい。
ちなみに 2日目までは バージョンアップの正式版になっています。

朝、目が覚めると 曇り空。。。
朝食に向かう途中に ホテルのロビーからは いつものように 窓一杯に岩山が迫って来ます。

Img_5959_4

今日は天気予報が 最悪。。。
雪の確率が50%とのこと。。。。
特にこれから出掛ける ブライスキャニオンの方が悪いようです。

ガッカリしながら 仕度を整え、再び ザイオンを通過して ブライスキャニオンに向かいます。

Img_5980

ザイオンは 曇りですが、岩山は良く見えます。
殆どの人達は トレッキングをしに奥に進みますが、我々だけは 公園を抜ける道を行きます。
岩山の山肌に設けられた 細い 九十九折りの山道を上がり、長いトンネルまでに高度を稼ぎます。

Img_5998

身上げるようだった 岩山も だんだん同じ高さに変化して行くので、高度が上がっている事を実感します。

Img_6033

トンネルを抜けると 景色は、アルペン風なトンネル手前から、優しい景色に一変します。

Img_6067

ザイオンを抜けると 一気に下り、雪景色が広がります。

Img_6100

US-89に入り、北上すると さっき程の曇り空から、だんだんと晴れ間が見えて来て、
暖かな日差しで包まれるようになり、天気予報が ブライスキャニオン方面だけ外れたかと思いました。
これも日頃の行いの良さなのか、頑張って運転しているお父さんへの労いなのか。。。?

Img_6108

Img_6112

US-12を曲がると 小さなブライスキャニオン風な 赤い岩の尖塔に出会います。
日に照らされて 赤がいっそう鮮やかで、この先の幸運を導いているようでした。

Img_6124_2

アーチのように作ったトンネルにも 思わず笑みがこぼれます。
わざわざ 受けようとしてこんなの作って。。。。
これもお日様に味方してもらっていると思い込んでいたから。。。。

Img_6133

Img_6136


ところが 赤い尖塔の峠を登り切ると その先は にわかに状況が変化していました。
目指す先には 低くたれ込めた雲に覆われ、大地の近辺しか 視界が利きません。。。。

これも 朝方の写真撮影で注文をつけたら、ひねくれた 奥さんが 写真を撮れないようにとの
悪魔への祈りが通じたのか。。。。

Img_6142

ブライスキャニオンは 深い雲と雪の中に沈み込んでいました。。。。
それでも 沢山訪れる アメリカ人って いったい。。。?

Img_6143_2

ああ、暖かい陽射しで 私のコートを脱がそうとした太陽の女神は
コートを重ね着させようと企む 憎い厚い雪雲に妨げられ、淡い陽射しを浴びせてくれるだけでした。
それでも 視界があれば 良いとこの時は思っていました。

Img_6148

淡い期待で たどり着いた ブライスポイントは 深い雲に覆われていました。。。。
淡い期待は 見事に粉々に砕け塵、我々は白い世界にしか 出会えませんでした。。。

Img_2253

10m先が ぼんやりと見える程度で、赤い尖塔郡は 全く見えません。。。
ここは雪国なんでしょうか?
標高 8300フィート(約2500m)の高地なので、気温が低くて天気が悪いなら
当たり前の風景ですね。。。。 ちなみに氷点下の世界です。

Img_2263

木に凍り付いた霧氷が クリスマスツリーのようでした。。。。

Img_2278

サンセット ポイントでは 微かに 近くの尖塔が白い雲間に見えましたが、

Img_6168

無謀なアメリカ人、この条件の中をろくな装備を付けずに トレールを歩き出していました。
トレースははっきりと付いていますが、スニーカーで雪道を上り下りしようとは
冬山を舐め切った行動です。
ホワイトアウトになる前に帰ってこないと。。。
雪山で辛い思いを何回もしている自分は いらぬ心配をしてしまいました。

Img_6162

Img_6177

Img_6183


残念だった ブライスキャニオンを後に 今日の宿泊地である Kayentaに向かいます。
アンテロープを見る時に泊まった Pageの街を通るので、また、あの異様な火力発電所を嫌でも目にします。

遠くからでも 異様な水蒸気の煙で 嫌でも目に付きます。
やはり何もない砂漠に忽然と現れる異様な風景です。

Img_6215_2

アンテロープ観光の横を通る US-89を通って行きますが、今日の最後のアンテロープツアーと思われる
荷台に人を載せた車高アップした ピックアップトラックに行き違いました。
やはり幻想的な飾り気のないアンテロープと異様な火力発電所は 今見ても 異様な組み合わせです。

Img_6222

何となく SFの世界の一場面を見ているような気がしてなりません。
いまにも シュワルツネッガーが飛び出して来そうな雰囲気です。
火力発電所は 隠れ蓑で、実は 秘密の軍事基地で 密かに人の居ないこの地で
秘密兵器の製造をしているのでは?と思えてしまいます。

Img_6228_2

Img_6240


この後、日が暮れて、道路が緩やかな登りになり、高度が上がり出し 一面の雪景色と
ホワイトアウトで 視界が利きませんでした。
ゆっくり走っていると 急に後ろから周りのガスにライトの光を乱反射させながら
一台の大型SUVが急接近して来ました。
交通量の殆どない道ですから、思いっきり横を抜かして行きましたが、
なんと Policeでした。
思わず 速度計を確認する自分。。。。制限速度以下。。。。過敏になっているようです。
お巡りさんは 緊急状態じゃないのに あんなに速く走って良いのかな?
真面目な堅物のニューメキシコのお巡りさんに注意してもらわないと。。。。

白いガスに包まれながら、全く街と言う街に出会う事なく、ひたすら 白いガスと闇の世界の走り続け、Kayentaに付きました。
小さい街ですが、やっと人の生活する場にであった 安堵感で一杯になりました。

モニュメントバレーの入り口の街ですから、ホテルは何軒かあるのですが、
レストランが殆どありません。
アメ食を食べたくなかったので、中華のお持ち帰りをして 晩餐を行いました。
しかし、砂漠の真ん中の こんな小さな街でもある中華屋の奥の深さを感じました。。。。

Img_6250_2 Img_6248


さあ、明日は 観光の最終日、モニュメントバレーとフォーコーナーズです。
天気が良くて ガスに覆われない事を祈るのみです。


大きな地図で見る


A地点:Zion UT ホテル 出発 9:47 odometer:30,879mile 38°F
     <残り走行距離:345m 予想所要時間:6:50>
B地点:Bryce Canyon UT 本日ここまでの走行距離 89.6m 着 11:47
C地点:Bryce Canyon 18°F
D地点:Bryce Canyon ビジターセンター 走行距離 5.5 発 13:25
E地点:Bryce Canyon GS 走行距離 2.7m 着 13:31 発 13:50
     Gas補給 243.2m ?.??g @$?.???/g $??.?? ??.?m/g(??.?km/l)
     <残り走行距離:249m 予想所要時間:4:36>
F地点:Page AZ 走行距離 149.9m 着 16:20 発 16:50
G地点:Kayente AZ ホテル 走行距離 98.5m 着 18:28 23°F
     Gas補給 248.4m 6.00g @$2.759/g $16.55 41.4m/g(17.5km/l)

走行距離:348マイル(557km)
出発時間: 9:47
到着時間:18:28
通過州:Utah〜Arizona
総走行距離:3,109マイル(4,418km)

|

« クリスマス グランドサークル ドライブ 6日目 | トップページ | クリスマス グランドサークル ドライブ 8日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193070/47157355

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス グランドサークル ドライブ 7日目:

« クリスマス グランドサークル ドライブ 6日目 | トップページ | クリスマス グランドサークル ドライブ 8日目 »