« トト君 大発見! | トップページ | トト君 おくつろぎ »

2009年6月10日 (水)

リッジラインのパンク修理

昨日の帰りにリッジラインのTPMS(タイヤ空気圧管理システム)の警告灯が点いていました。
左の後ろのタイヤですが、何となく凹んでいる風でした。

Img_7391


ガソリンスタンドで75セント払って 空気を入れると
なんと 指定の半分の空気圧しか出ません。 明らかにパンクしています。
タイヤを満遍なく見ると ショルダーの所に釘が刺さっているのを発見しました。

Img_7390


運が悪いですね。 車のパンクは日本でも何回か経験しているし、
バイクのチューブレスタイヤなら自分で修理したこともあるので、
明日からの出張で 駐車場に停めておいて空気が抜けて立ち往生も嫌なので、
会社に行く前に修理することにしました。
まず、パンク修理キットの購入しにウォールマートに探しに行きました。
やっぱり車用品は比較的に揃っているので、難なく買うことが出来ました。

Img_7387


早速、ペンチで釘を抜きと 短い釘が刺さっていました。
抜いた後から 勢いよく空気が抜けます。 さあ急いで修理の始まりです。

Img_7393

最初にヤスリ状のTレバーで穴の形を修正します。
なかなか 刺さらず結構力が必要でした。 でかいタイヤはバイクのタイヤと違いますね。

Img_7394

でかい針のようなTレバーの先に生ゴムを通します。
そしてセメントを塗りたぐって 準備完了。

Img_7395

タイヤのパンク穴に突っ込みますが、やはりなかなか刺さりません。
全体重を掛けて一気に押すと ズボッと入ったのですが、勢いが良すぎて根本まで入ってしまいました。

Img_7397

本当なら ゴムを途中で止めて、出ている先端をカットするのですが、
抜いてみると 生ゴムの先端がかろうじて出ているようなので、
空気は漏れていませんでした。 取りあえず これでも大丈夫だろうと空気を入れることにしました。

Img_7398

さあ空気入れを始めます。
でもこれが重労働。。。。結構きつかったです。
結局 100回以上ポンピングが必要でした。 でかいタイヤは全く大変です。

Img_7399

最後にエアチェックをして完了です。
全部のタイヤをチェックしてみましたが、他のタイヤの空気圧が結構高かった。
冬に入れ直したので、その後の気温上昇で膨張したようです。
どおりで乗り心地が堅い訳だよ。

さあ、これで明日から安心して空港の駐車場に停めておけそうです。


|

« トト君 大発見! | トップページ | トト君 おくつろぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193070/45418328

この記事へのトラックバック一覧です: リッジラインのパンク修理:

« トト君 大発見! | トップページ | トト君 おくつろぎ »